関西風桜餅(道明寺粉)|レンジを使うと短時間で簡単に作れる!

『いちごの桜餅』を作りました。

桜餅には、道明寺粉で作る関西風桜餅と、小麦粉で作る関東風桜餅があります。

今回作ったのは、関西風の桜餅です。

電子レンジを使えば短時間で簡単。

レンジの扱いに慣れている方には、蒸す場合よりも失敗が少ないと思います。

材料と作り方

レシピはクラシルからの引用です。

いちごが可愛い道明寺桜もち(5個)

  • 桜の葉塩漬け 5枚
  • 水 (塩抜き用) 適量
  • 熱湯 150ml
  • 道明寺粉 100g
  • 砂糖 10g
  • 食紅 (赤) 少々
  • つぶあん 100g
  • いちご 5個

    作り方

    準備.いちごはヘタを取り除いておきます。 桜の葉塩漬けは軸の部分を切り落としておきます。

    1. バットに桜の葉塩漬けを入れ、ひたひたになるまで水を注ぎ、10分ほど浸し塩抜きをしたら、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
    2. 耐熱ボウルに熱湯、砂糖、食紅を入れ混ぜ合わせます。
    3. 道明寺粉を加え混ぜ合わせたら、ラップをかけ10分ほどおき、馴染ませます。
    4. 一旦ラップを外し、混ぜ合わせたら、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分30秒加熱し、再度10分ほどおき、馴染ませます。
    5. つぶあんは5等分にし、いちごを包み丸めます。
    6. 4で5を包み、1で巻いたら完成です。

    引用元:kurashiru

    変更点

    以下の3点を、クラシルのレシピから変えました。

    1. 着色
    2. 分割
    3. 成形

    1.着色

    クラシルのレシピでは、着色に食紅を使用していますが、上品な桜色になる紅麹を選びました。

    食紅に比べて入手が困難かもしれません。

    ネットの製菓材料専門店では、だいたい取り扱っていると思います。

    紅麹は「麹」という名のとおり、紅麹菌を付着させたお米を粉末にしたものです。

    最近では健康食品としても注目されていますね。

    余った紅麹は、クッキー、蒸しパン、メロンパンなど、お菓子やパン作りで活用できます。

    桜の花のような、ほのかでやさしいピンク色にするなら、使用量はやや控えめにするのがおすすめです。

    着色は加減が難しいため、少しずつ加えて好みの色になさってください。

    2.分割

    今回はレシピの倍量(10個分)作りました。

    加熱時間はレシピどおりです。

    いちご入り(5個)と、通常(4個)の2種類を作るため、9つに分割しています。

    参考までにお伝えするなら、いちご入りは48g、通常は55gでした。

    いちごバージョンはいちごが入るため、道明寺粉の量を少なめにしています。

    つぶあんはどちらも20g使用。

    仕上がりの形をそろえるため、こまかく計量しています。

    目分量でもOKですよ。

    生地とあんこの割合は包みやすさで決めました。

    あんこはレンジで水分を軽くとばしておくと、扱いやすくなります。

    3.成形

    クラシルのレシピは、あんこといちごを完全に包んでいます。

    私はいちごの顔を出すように包みました。

    いちご大福のイメージでしょうか。

    包み方を簡単に説明します。

    1. 道明寺粉を丸めて、平らにします
    2. 真ん中にくぼみを入れて、丸めた粒あんをのせて包みます
      ※全て包まずに、あんこの周りを道明寺粉が囲むような状態
    3. あんこの上にいちごをのせて軽く押さえます
    4. 形を整えて完成
    小ぶりできれいな形のいちごを使うときれいです

    感想

    こちらは定番の桜餅。

    中をみせたいときに活躍するのが透明のお重。

    アクリル製の三段重です。

    テーブルコーディネートにも使えます。

    蒸す方法で桜餅を作られてきた方は、もしかしたら電子レンジに抵抗があるかもしれません。

    実際に電子レンジを使っても道明寺粉の状態や味に差はないです。

    桜餅づくりは手間がかかるイメージですが、簡単に2種類も作れました。

    時間を短縮できるので助かります。

    美味しく作れますように。

    余った桜の葉の塩漬けは、パウダーにしてお菓子に使いました。