いちごが入った関西風桜餅(道明寺粉)を電子レンジで簡単に作る

いちごが入った桜餅を作りました。

桜餅は道明寺粉で作る関西風桜餅と小麦粉で作る関東風桜餅に分かれますが、作ったのは関西風です。

以前作ったとき、道明寺粉を蒸す工程が大変だったので、今回は電子レンジを使いました。

蒸して作るより簡単で、味も変わらないと思います。

クラシルのレシピを変更

クラシルのレシピを一部変更して作りました。

いちごが可愛い道明寺桜もち(5個)

  • 桜の葉塩漬け 5枚
  • 水 (塩抜き用) 適量
  • 熱湯 150ml
  • 道明寺粉 100g
  • 砂糖 10g
  • 食紅 (赤) 少々
  • つぶあん 100g
  • いちご 5個

    作り方

    準備.いちごはヘタを取り除いておきます。 桜の葉塩漬けは軸の部分を切り落としておきます。

    1. バットに桜の葉塩漬けを入れ、ひたひたになるまで水を注ぎ、10分ほど浸し塩抜きをしたら、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
    2. 耐熱ボウルに熱湯、砂糖、食紅を入れ混ぜ合わせます。
    3. 道明寺粉を加え混ぜ合わせたら、ラップをかけ10分ほどおき、馴染ませます。
    4. 一旦ラップを外し、混ぜ合わせたら、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分30秒加熱し、再度10分ほどおき、馴染ませます。
    5. つぶあんは5等分にし、いちごを包み丸めます。
    6. 4で5を包み、1で巻いたら完成です。

    引用元:kurashiru

    変更点は3つです。

    1. 着色
    2. 分割
    3. 成形

    1.着色

    クラシルでは食紅で着色していますが、上品な桜色にしたかったので紅麹を使いました。

    紅麹は紅麹菌を付着させたお米を粉末にしたものです。

    最近では健康食品としても注目されていますね。

    紅麹の使用量を控えめして、桜の花のようなやさしいピンク色にしました(^^)

    余った紅麹は、クッキーやパン生地の着色に使います。

    2.分割

    レシピの倍量(10個分)作り、いちご入りの桜餅(5個)と、定番の桜餅(4個)の計9つに分割します。

    いちご入りは48g、通常は55gにしました。

    いちごバージョンはいちごを入れるので道明寺粉の量を少なめにしています。

    つぶあんはどちらも20g使用。

    あんこは電子レンジで水分を軽くとばしておくと扱いやすいですよ。

     

    こちらは定番の桜餅。

    お重はガラスではなくアクリルです。

    中身が見えるので、テーブルコーディネーターに人気らしいですね。

    私もその筋の方に教えていただきました。

    3.成形

    クラシルはあんこといちごを完全に包んでいますが、私はいちごの顔を出すように包みました。

    いちご大福のイメージでしょうか。

     

    電子レンジで美味しく作れるのか半信半疑でしたが、道明寺粉の状態や味に差はなかったです(^^)

    むしろ、時間を短縮できたので2種類作る余裕もありました。

    このクオリティなら蒸し器には戻れないなぁ・・・。

     

    余った桜の葉の塩漬けは粉にしてクッキーに再利用しました。