抹茶のクッキーにチョコをサンドするとおしゃれな菓子に早変わり

抹茶味のバーチディーダーマを作りました。

Baci di(=のキス)Dama(=レディ)から、別名は「貴婦人のキス」です。

クッキーにチョコをサンドしただけですが、伊勢志摩サミットの手土産と同じお菓子に変身します。

※サミットで各国首脳に提供されたのは、bicerin(ビチェリン)のバーチディダーマでした。

聞きかじった情報ですが、バーチディダーマはマカロンのもとになったお菓子だそうです。

そう言われれば、どちらもイタリア発祥ですね。

着色にはパルグリーンを使用

レシピはクラシルを使いました。

25個分

材料

  • アーモンドプードル 70g
  • 薄力粉 50g
  • 抹茶パウダー 5g
  • 無塩バター 50g
  • 粉糖 40g
  • ビターチョコレート 30g
  • お湯 (湯煎用・60℃)

作り方

準備.無塩バターは常温に戻しておきます。オーブンは160℃に予熱しておきます。

  1. ボウルに無塩バターを入れクリーム状になるまで泡立て器で混ぜ合わせます。
  2. 粉糖を入れ白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ合わせます。
  3. 粉類をふるい入れ、粉気がなくなるまでゴムベラでさっくり混ぜ合わせラップに包み薄くのばします。
  4. 3をラップで包み、冷蔵庫で30分冷やします。
  5. 1cm角に切り分けて丸め、天板に並べて160℃のオーブンで15分火が通るまで焼き粗熱をとります。
  6. ボウルにビターチョコレートを入れ湯煎にかけて溶かします。
  7. 5に6をスプーンでのせてサンドしたら器に盛り付けて完成です

引用元:kurashiru

着色に使ったのは、抹茶パウダーにクロレラ粉末をプラスした「パルグリーン」です。

抹茶だけに比べると色があざやか。

退色を抑える効果もあるので、抹茶味のお菓子を作るときはパルグリーンを選んでいます。

呼び方は「クロレラ入り抹茶パウダー」、「グリーンパウダー」などいろいろ。

製菓材料店で買えますよ(^^)

 

 

クッキーのサイズが揃うように分割は7g、30個にしました。

卵を使わないので、生地のまとまりがやや悪いです。

成形が少し大変かもしれません。

 

焼き色を抑えてきれいな緑色になるよう、160℃で15分焼きました。

くびれ命

クッキーが冷めたら、裏に溶かしたチョコを塗ります。

塗ってすぐにクッキー同士を合わせるとチョコが広がってしまうので、冷蔵庫で少し冷やしてからドッキングしました。

こうすると、きれいな ”くびれ” ができます(^^)

ただし、チョコが完全に固まると今度は合わせにくくなりますので、冷やし過ぎに注意してくださいね。

 

今回使ったのはミルクチョコですが、ビターチョコにすれば大人の味になりそうです。

とても簡単だったので、ホワイトチョコを挟んだピンクバージョンも作ってみました。