バレンタインは手作り!簡単で大量に作れるおしゃれなクッキー

バレンタインは手作り!という方に、簡単で大量に作れるおしゃれなクッキー「バーチディーダーマ」をご紹介します。

大人っぽいイメージですが、抹茶は広い世代に好まれる食材。

小学生や中学生の子供たちにも安心してプレゼントできますね。

また本命チョコだけでなく、友チョコにもピッタリではないでしょうか。

バーチディダーマは、間にチョコを挟むタイプのクッキー。

イタリア発祥の焼き菓子のため、上品で高そうに見えるのもおすすめしたい理由のひとつです。

バーチディダーマのこぼれ話

バーチ・ディ・ダーマは、「貴婦人のキス」を意味します。

上品なネーミングですね。

伊勢志摩サミットでは各国首脳へも提供されましたが、その際に使用されたのが、bicerin のバーチ・ディ・ダーマです。

アーモンドプードルを多く使用するため、サクサクとした食感になります。

このような背景があるお菓子のため、特別な贈り物として最適です。

作り方

レシピはクラシルからの引用です。

抹茶のバーチ・ディ・ダーマ(25個分)

  • アーモンドプードル 70g
  • 薄力粉 50g
  • 抹茶パウダー 5g
  • 無塩バター 50g
  • 粉糖 40g
  • ビターチョコレート 30g
  • お湯 (湯煎用・60℃)

作り方

準備.無塩バターは常温に戻しておきます。オーブンは160℃に予熱しておきます。

  1. ボウルに無塩バターを入れクリーム状になるまで泡立て器で混ぜ合わせます。
  2. 粉糖を入れ白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ合わせます。
  3. 粉類をふるい入れ、粉気がなくなるまでゴムベラでさっくり混ぜ合わせラップに包み薄くのばします。
  4. 3をラップで包み、冷蔵庫で30分冷やします。
  5. 1cm角に切り分けて丸め、天板に並べて160℃のオーブンで15分火が通るまで焼き粗熱をとります。
  6. ボウルにビターチョコレートを入れ湯煎にかけて溶かします。
  7. 5に6をスプーンでのせてサンドしたら器に盛り付けて完成です

引用元:kurashiru

作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

焼成前

サイズを揃えたかったため、7g分割で30個にしました。

着色に使ったのは抹茶にクロレラ粉末を加えた「パルグリーン」です。

抹茶に比べて色鮮やかに仕上がり、退色を抑えることもできるため好んで使っています。

製菓材料店では「グリーンパウダー」という名前で販売されています。

焼成後

160℃で15分焼成した状態です。

焼き色をつけたくないときは焼成温度を低めに設定します。

仕上げ

溶かしたチョコを裏に塗って冷蔵庫で少し冷やしてから、ドッキング。

こうすることでチョコの”くびれ”が、きれいにつきます。

まとめ

今回は、バレンタインにも使えるおしゃれなクッキー「バーチディダーマ」をご紹介しました。

抹茶とビターチョコの苦味によって、大人っぽい味に仕上がります。

ミルクチョコにすれば、子供たちが喜ぶ味になります。

チョコレートは製菓でなくても、スーパーなどの板チョコで十分。

私は78円のチョコレートを使いました(笑)

簡単で大量に作れ、しかも安い。

さらにおしゃれでかわいいクッキーをプレゼントしたい。

バーチ・ディ・ダーマは、そんな方にピッタリなバレンタインのお菓子だと思います。

卵不使用のため生地のまとまりがわるく、成形のときは少し大変ですが、ほろほろと口の中で崩れていく、やさしい食感を楽しめます。

卵アレルギーの方も安心ですね。

美味しく作れますように。

こちらはピンクに着色してミルクチョコを挟んだバージョンです。

[blogcard url=”https://omomukigoto.com/archives/1492″]