玉ねぎが嫌いな私が食べられたパン「オニオンベーコンブレッド」

玉ねぎとベーコンを使った、風味豊かなオニオンベーコンブレッドを焼きました。

子どものころから玉ねぎが嫌いだった私に、玉ねぎの美味しさを教えてくれたパンです。

このパンを食べてから、玉ねぎは使い方によって美味しくなることを知りました。

玉ねぎをみじん切りにしたこと、火を通したことで、独特の苦みが消えたからだと思います。

オニオンベーコンブレッドはそのまま食べても美味しいですが、今日は豆乳グラタンと合わせてパングラタンにアレンジしました。

玉ねぎの水分に注意

ミニ食パン型7個分

材料

  • 強力粉 200g
  • イースト 2g
  • 砂糖 10g
  • 塩 3g
  • スキムミルク 15g
  • 玉ねぎ 50g(小サイズ 約1/4個)
  • ベーコン 50g(ハーフサイズ 約6枚)
  • 水 100g
  • 無塩バター 20g
  • 粉チーズ 適量

玉ねぎとベーコンは生地に練り込むため、みじん切りにします。

私はすご~く細かくみじん切りにしています(^^)

こうすれば、玉ねぎの美味しい風味だけが残り、食感はほとんどなくなります。

玉ねぎが水分を含んでいるので、仕込水の量は控えめの100gにしました。

成形は2種類

30℃で60分一次発酵させたら2種類の成形に合わせて分割します。

  • 成形A…7等分(約60g前後)に分割
  • 成形B…分割Aのうち4つをさらに半分(30g前後)に分割

ベンチタイムは20分です。

 

成形B(30g前後)は、軽くパンチして丸め直して型に入れ、成形A(60g前後)は、軽くパンチして丸め直したら少し伸ばして型に入れます。

35℃で30分二次発酵しました。

 

こちらが二次発酵を終えた成形Bです。

粉チーズと黒こしょうをふりました。

 

そしてこちらが二次発酵を終えた成形Aです。

中央にクープ(切り込み)を入れて、マヨネーズをトッピング。

マヨネーズはカロリーハーフを使っています。

通常のマヨネーズよりも油分が少ないため、熱を加えてもダレないのでパン作りに向いていますよ(^^)

 

 

240℃で予熱したオーブンを210℃に下げ、13分焼成しました。

このミニ食パン型は、使い始めだけショートニングを薄く塗った方が型離れがよいです。

しばらく使い続けると、油脂を塗らなくても軽く衝撃を与えるだけでコロンと外れるようになりました。

成形Aにみじん切りにしたパセリを添えて完成。

豆乳パングラタンの作り方

2人分

材料

  • オニオンベーコンブレッド 2つ
  • 牛乳or豆乳 1カップ(200cc)
  • 薄力粉 大さじ1
  • バター 大さじ1
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • コンソメの素、ナツメグ お好み
  • とろけるチーズ 適量

ホワイトソースの作り方は一般的な方法と同じです。

鍋にバターを溶かして薄力粉と合わせ、全体がまとまったら豆乳とコンソメの素を加えて弱火でゆっくり混ぜます。

とろみが出てきたら塩コショウ、ナツメグを加えます。

2cm角にカットしたオニオンベーコンブレッドをホワイトソースを入れて、全体をからめます。

器に盛りつけたらとろけるチーズをのせて200℃で10分焼き、表面に焦げ目をつけるため、最後に240℃で3分焼きます。

仕上げにドライパセリをふりかければ完成。

ホワイトソースの隠し味はコンソメの素とナツメグです。

コンソメの素(固形)を1/4ほどすり入れると、ソースにコクが生まれて美味しくなりました。

パンに味がしっかりついているため、ホワイトソースをからめるだけで美味しいです。