余ったパイ生地にチョコをつけたお菓子「リースパイクッキー」

余った冷凍パイシートとチョコレートを使って、リースの形をしたクッキーを作りました。

残ったパイシートを簡単なお菓子に活用するときは、シナモンシュガーをまぶして焼くことが多いですが、今回は少し違うお菓子にしてみました。

驚くほど簡単なのに、このおしゃれ感。

私はこういう類に弱いのです(笑)

これはリピート決定!

成形はパンの三つ編みと同じ

参考にしたのはクラシルのレシピです。

6個分

材料

  • 冷凍パイシート (10×17cm)1枚
  • ストロベリーチョコレート50g
  • ミルクチョコレート50g
  • お湯 (湯煎用・50℃)適量
  • ピスタチオ (砕いたもの)適量
  • アラザン適量

作り方

準備.オーブンは200℃に予熱しておきます。

  1. 冷凍パイシートは縦に5mm幅に切ります。
  2. 1のうちの3本の端をくっつけ、三つ編みで編みます。
    端と端をくっつけて丸いリースの形にします。同様に合計6個作ります。
  3. クッキングシートを敷いた天板の上にのせ、200℃のオーブンで15分こんがりと焼き色がつくまで焼きます。
  4. ストロベリーチョコレート、ミルクチョコレートをそれぞれ湯煎で溶かします。
  5. 3を4のストロベリーチョコレートとミルクチョコレートに3個ずつ付け、ピスタチオ、アラザンで飾ります。チョコレートが固まったら完成です。

    引用元:kurashiru

    三つ編みの方法はパンの成型と同じ要領です。

    色分けして生地の動きをわかりやすく示した、こちらの動画が参考になると思います(^^)

    ストロベリーのチョコで春らしく

    パイシートをリース形に編み上げた状態です。

    きれいなリースにするためには、パイ生地の端と端をしっかり接着させるのがポイント。

    接続が甘いと焼いた時にはがれてきます。

    レシピは200℃で15分ですが、私はもう少し焼き色がほしかったので2分プラスしました。

    焼き上がりのリースサイズは直径6cmくらいです。

     

     

    クラシルのレシピとは違うチョコレートを使いました。

    スーパーで見つけた春らしい「クランキーストロベリー」です。

    今春の新作でしょうか?

    クランキーは定期的に期間限定商品を登場させていますね。

    中には微妙なものもあるけれど・・・(笑)

    モルトパフとイチゴチップがよいアクセントになりました。

    そこに細かくしたピスタチオをまぶして、ピンク×イエローグリーンの配色に。

     

    生地のサクサク感、モルトパフとイチゴチップのプツプツ感、いろいろな食感が楽しめます。

    今度は抹茶チョコとホワイトチョコをマーブルにして作ってみよう。

    このレシピはいろいろアレンジできそうです。