バレンタインに使えるパイシートとチョコレートで作る簡単なおやつ

冷凍パイシートとチョコレートを使ってリースパイクッキーを作りました。

あっという間に出来てしまうほど簡単なのに、とても可愛くておしゃれ。

バレンタインの手作りお菓子にも使えると思います。

レシピはクラシルです。

使うチョコレートを変えて、少しだけ春らしいお菓子に仕上げてみました。

作り方

レシピはクラシルからの引用です。

冷凍パイシートは”オーマイ”を使いました。

リースパイクッキー(6個分)

  • 冷凍パイシート (10×17cm)1枚
  • ストロベリーチョコレート50g
  • ミルクチョコレート50g
  • お湯 (湯煎用・50℃)適量
  • ピスタチオ (砕いたもの)適量
  • アラザン適量

作り方

準備.オーブンは200℃に予熱しておきます。

  1. 冷凍パイシートは縦に5mm幅に切ります。
  2. 1のうちの3本の端をくっつけ、三つ編みで編みます。
    端と端をくっつけて丸いリースの形にします。同様に合計6個作ります。
  3. クッキングシートを敷いた天板の上にのせ、200℃のオーブンで15分こんがりと焼き色がつくまで焼きます。
  4. ストロベリーチョコレート、ミルクチョコレートをそれぞれ湯煎で溶かします。
  5. 3を4のストロベリーチョコレートとミルクチョコレートに3個ずつ付け、ピスタチオ、アラザンで飾ります。
    チョコレートが固まったら完成です。

    引用元:kurashiru

    作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

    焼成前

    パイシートを三つ編みしてリースに成形したところです。

    注意点

    パイ生地の端と端をつなぐときはしっかり接着しないと、焼いた時にはがれてきます。
    きれいなリースにするため、その点にご注意下さい。

    三つ編みの方法がわからない方は、こちらの動画が参考になると思います。

    色分けしているので、生地の動きが一目でわかりますね。

    パンを作るときの三つ編みの成形も、こちらと同じ要領です。

    焼成後

    クラシルのレシピでは200℃で15分の焼成となっています。

    私はもう少し焼き色が欲しかったので、2分プラスしました。

    写真のように、こんがりきつね色になりましたよ。

    リースのサイズは、直径6cmくらいです。

    接着したところが離れていなくて、とりあえず一安心です

    仕上げ

    仕上げのトッピングに使うチョコレートは、レシピ通りでなくてもOKです。

    今回は春らしくピンク色だけにしました。

    使ったのはこちらのクランキー「ストロベリー」です。

    発売になったばかりの新作みたいでした。

    いちご味のチョコレートは、一般のお店で購入することは難しいかもしれません。

    製菓材料店でしか見かけたことがありませんでした。

    クランキーは”モルトパフ”が入った美味しいチョコレート。

    いちご味はそこに赤いイチゴチップが加わるため、よいアクセントになりました。

    ピスタチオ(レシピ外)をまぶして、ピンク×イエローグリーンという春らしい組み合わせに。

    まとめ

    今回は、市販の冷凍パイシートを使ったリースパイクッキーを作りました。

    チョコレートをトッピングすることで、簡単なのに豪華にみえるお菓子になります。

    生地のサクサク感、いちごチョコの甘さ、モルトパフとイチゴチップのプツプツ感。

    いろいろな味や食感を楽しめました。

    冷凍パイシートが余ったときの、消費レシピとしても使えると思います。

    美味しくつくれますように。

    バレンタインにも活用できるリースパイクッキー、おすすめです。