辛くない坦々麺なら豆乳を使うのがおすすめ!うどんで代用もOK

坦々麺はお店でいただくイメージですが、自分でも簡単に作ることができます。

刺激の強い食べ物が苦手だけれど、坦々麺は好き。

そんな方には、豆乳を使うことをおすすめします。

私はクラシルの「豆乳ごま坦々つけ麺」のレシピを使っています。

これはつけ麺レシピのため、通常のラーメンにするには少しだけアレンジが必要です。

今回はつけ麺ではなく、スープスタイルの坦々麺にアレンジしたものをご紹介します。

レシピで使用するのは市販の中華麺ですが、豆乳ベースのためうどんで代用してもOKです。

材料と作り方

レシピはクラシルからの引用です。

豆乳ごま坦々つけ麺(1人前)

・中華麺1玉
・豚ひき肉50g
・ごま油大さじ1
 ①すりおろし生姜小さじ1/2
 ①すりおろしニンニク小さじ1/2
 ①豆板醤小さじ1/2
 ②しょうゆ大さじ1
 ②白すりごま大さじ1
 ②酒大さじ1/2
 ②砂糖小さじ1
 ②鶏ガラスープの素小さじ1
・無調整豆乳200ml
・ラー油 (お好みで)適量
・お湯1000ml
・小ねぎ

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、中華麺をパッケージの表示時間通りに茹で、水気を切ります。
  2. フライパンにごま油と①を入れたら弱火にかけ、香りが立つまでで炒めたら、豚ひき肉を入れ中火にし、火が通るまで炒めます。
  3. 2に中火のまま②を入れ軽く炒めたら、無調整豆乳を入れひと煮立ちさせます。
  4. 1をお皿に盛り、3を器に盛って、お好みでラー油、小ねぎをかけて完成です。

引用元:kurashiru

作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

変更点

つけ麺ではなくラーメンにしたい場合は、以下の3点を変更します。

  • しょうゆ大さじ1 → 大さじ1.5
  • 酒大さじ1/2 → 大さじ1
  • 砂糖小さじ1 → 小さじ1.5
  • 鶏ガラスープの素小さじ1 → 小さじ2
  • 無調整豆乳200ml → 300ml

辛くない坦々麺にするために、豆板醤の量は変更なしです。

肉みそ完成

私はいつもレシピを4倍にして肉みそを多めに作り、小分けして冷凍保存しています。

使うときは解凍してから、豆乳と鶏がらスープを加えるだけ。

短時間でささっと出来るので、忙しいときに大助かりです。

冷凍しても味の劣化はありませんよ。

無性に坦々麺を食べたくなるときがあるんですよね・・・

また、最近ではひき肉を豚から鶏に変えて作っていますが、変わらずに美味しいです。

豚肉が苦手な方は、鶏肉に変更してみてはいかがでしょうか。

冷凍肉みそと冷凍うどんで、クイックメニューに早変わり。

ここのところ月に2回は作っています。

仕上げ

トッピングや盛付はお好みでOKです。

ちなみに我が家では、モヤシとカイワレを添えています。

カイワレの苦味は、坦々麺に味のアクセントをつけてくれます。

それまで好んで使うことのなかった素材ですが、この料理で使うようになってから好きになりました。

クリーミーなスープだから、これくらいのスパイスがあると丁度いいんでしょうね。

作り方のなかで、唯一レシピと違うのは、ネギのタイミングです。

ネギは肉みそを炒める段階で加えているため、トッピングには加えません。

最後にラー油を振りかけて完成です。

豆乳はお菓子作りにも使えますので、1000mlパックを購入してもわりと早く消費してしまいます。

辛い坦々麺が苦手な方、豆乳の消費に困っている方におすすめ。

クラシルのたべれぽでも、絶賛の嵐となっているレシピです。

ほかのメニューで豆乳を消費するなら、こちらのレシピも参考になさってください。

豆乳を使ったシフォンケーキ

豆乳を使ったパングラタン