りんごとくるみのカントリーケーキをマフィンカップで焼くレシピ

先日ジャムを作ったときに残しておいたりんごを使い、カントリーケーキを焼きました。

カントリーケーキとは、材料を混ぜて焼く、簡単で素朴なケーキのことです。

フルーツやナッツを入れることが多いですね(^^)

普段は15cmのケーキ型で作っていますが、かわいいマフィンカップを買ったのでレシピを変更。

食べやすいカップケーキにしてみました。

バターが多く、はちみつも入っているため、しっとりしておいしいケーキです。

おすすめのマフィンカップ

このお菓子はバターケーキのため、耐油性のあるカップがおすすめです。

買ったマフィンカップは内側がPET素材のラミネートになっているので、バターの多いケーキを焼いても油じみが起こりません。

ふつうの紙カップでは手が汚れるのでご注意ください

サイズは使いやすい150ccです。

created by Rinker
焼いても油染みしないPET素材を使用。

カントリーケーキの作り方

150ccマフィンカップ 5個分

材料

  • りんご 1/2個(正味100g)
  • 無塩バター 80g
  • 三温糖 60g
  • はちみつ 20g
  • 卵 1個(約50g)
  • 薄力粉 80g
  • アーモンドプードル(AP)20g
  • ベーキングパウダー(BP)2g
  • シナモン 2g
  • くるみ 10g

    砂糖は三温糖やブラウンシュガーを使うと味にコクが出ますが、上白糖でもOKです。

    薄力粉とBP、シナモンは一緒にふるっておきます。

    クリーム状にしたバターと砂糖を軽くなるまで混ぜ、はちみつを加えてさらに混ぜます。

    とき卵を数回にわけて加え、しっかり混ぜ合わせます。

    APを加えて混ぜたら、一緒にふるった薄力粉・BP・シナモンを加えてさらに混ぜます。

    この段階での生地の固さはこんな感じです

    皮をむいて芯をとり、8mm角に切ったりんごを加えて、ゴムべらでさっくりとまぜます。

    りんごの水分で少し緩くなりますが、全体としては固めの生地です。

    焼き上がりのデザイン

    マフィンカップで焼くときは、焼き上がりのデザインをまず考えます。

    それによって入れる生地の量が変わるからです。

    コックさんの帽子のように型から盛り上がるようにしたいのか、型の中に収めたいのか。

    このレシピは総量が400gのため、コックさんの帽子のようにしたいなら100gずつ入れてください。

    私は型に収まる形が好みなので80gずつ(目安はカップの6分目くらい)入れています。

    最後に手で砕いたくるみ(ローストは不要)をトッピング。

    このまま180℃に予熱したオーブンで25分焼きました。

    カップから出しても、側面がきれいに焼けています(^^)

    中もしっとり&ふんわり。

    バターケーキは1、2日たつとバターがなじんでさらにおいしくなります。

    りんごとくるみのカントリーケーキは秋の定番レシピですが、今回はじめてカップにしてみました。

    食べやすいし熱の入り方もgood (^^)♪

    15cmの型で焼くよりマフィンカップで焼いた方が簡単でした。

     

     

    今日から三連休ですね。

    私の予定は引きこもりです。

    ほとんど仕事に関する作業で終わりそうですが、息抜きにいろいろ作ろうと思います。

    もともとインドア派なので、コロナの前も後も暮らしぶりはほぼ同じです(笑)