本格 杏仁豆腐のレシピ|本格的な味にする方法を材料で説明

冷菓の中で頻繁に作るのが杏仁豆腐です。

今回は本格的な味にする方法と、本格杏仁豆腐のレシピをお届けします。

コツは材料の選び方。

具体的には、杏仁霜・生クリーム・ゼラチンです。

中華料理店でいただいたなめらかでクリーミーな杏仁豆腐が忘れられず、なんとかあの味を再現したいと、いろいろ研究してきました。

レシピの配合を変えてみたり、市販の杏仁豆腐と食べて何が食感を変えるのか調べてみたり。

そのような試行錯誤のすえに、ようやく自分好みのレシピができました。

本格杏仁豆腐を手作りしたい方におすすめです。

作り方

レシピ

本格 杏仁豆腐(4人分)

材料

  • 牛乳 250g
  • 生クリーム 100g
  • 杏仁霜 15g
  • グラニュー糖 20g
  • 粉ゼラチン 5g
  • ゼラチン用水 20g

シロップ

  • 水 80g
  • グラニュー糖 40g
  • レモン汁 適量※1

飾り

  • あればクコの実
  • お好みフルーツ

作り方

  1. 粉ゼラチンを水でふやかす
  2. ボウルに生クリームと杏仁霜を入れて混ぜる
  3. 鍋に牛乳、グラニュー糖を入れ、砂糖が溶けたら火を止め、1を入れて混ぜる
  4. ゼラチンが溶けたら、2を加えて混ぜる 
  5. こし器でこし、粗熱をとる
  6. 型に流して冷蔵庫で冷やし固める
  7. 鍋にシロップの水と砂糖を入れ、砂糖が溶けたらレモン汁を加えて冷やす
  8. 杏仁豆腐が固まったらシロップをかけ、クコの実やフルーツを飾る

※1 レモン汁の量はお好みで問題ないですが、このレシピでは5g使っています

仕上げ

固まったところで、シロップとクコの実を添えました。

シロップはキルシュ、コアントローなどのリキュールを入れると美味しいです。

杏のお酒「杏露酒」も合いました。

今回使用したゼラチンを5gが、どれくらいの固さになるかというと・・・

これくらいです。

崩れることなくすくえる固さですね。

もう少し柔らかい方がお好みなら、ゼラチンを4gに減らして下さいね。

その際にふやかす水の量はそのままでOKです。

なお、冷やしたときに「分離」するのは、しっかり粗熱をとっていないことが原因です。

また、ザラザラした食感は、溶けなかった杏仁霜やゼラチンの可能性があります。

なめらかな口当たりにするなら、漉す作業は必須。

私は型に流す前に、茶こしを通過させる徹底ぶりです。

こちらはシロップに細かく切ったキウイを合わせたバージョンです。

スプーンでも食べやすいよう、細かくカットしました。

杏仁豆腐を作る三要素

一口に杏仁豆腐といっても、風味から食感までさまざまですね。

その違いは、3つの要素の掛け合わせによってうまれるのだとわかりました。

1:「本格」に欠かせない杏仁霜

杏仁豆腐にはアーモンドエッセンスを使うレシピと、杏仁霜を使うレシピに大きく分けられます。

どちらも使いましたが、本格的な杏仁豆腐にしたいなら杏仁霜がおすすめです。

ただし杏の風味が苦手な方は、その限りではありません。

インターネット環境が整っていない頃は、杏仁霜の入手が困難でした。

そのため、昔はアーモンドエッセンスで代用するレシピが多かったです。

今は製菓材料店が充実していますので、お買い求めしやすくなりました。

結果、杏仁霜のレシピも増えてきたように思います。

一部のスーパーでも、杏仁霜の取り扱いがありましたよ。

2:「濃厚」に欠かせない生クリーム

杏仁豆腐には「あっさり」「こってり」があります。

ラーメンみたいですね

その違いは生クリームです。

あっさりが好きな方は、生クリームなしのレシピがおすすめです。

牛乳だけで作ると、口どけのよいさらっとした杏仁豆腐になります。

逆にこってり派の方は、生クリームありがおすすめです。

また、生クリームを加えるときは、分量によって濃度が変わります。

何度か試作を重ねながら、お好みの濃さに調整なさってみてくださいね。

3:「食感」は寒天派とゼラチン派

最後は凝固剤です。

寒天とゼラチンでは食べた時の弾力が違います。

たとえるなら、寒天は「ホロッ」ゼラチンは「モチッ」という感じでしょうか。

この辺りも好みだとは思いますが、私はもちもち杏仁豆腐が好きなのでゼラチンを使います。

まとめ

今回は本格的な杏仁豆腐の作り方をご紹介しました。

以上のように、杏仁霜、生クリーム、凝固剤によって、杏仁豆腐の出来映えは大きく変わります。

こちらのレシピでは、200ml入りの生クリームを半量使う計算です。

再び杏仁豆腐を作れば消費できますが、別のお菓子に生クリームを使いたいときは、こちらのパウンドケーキをご参考ください。

生クリームは50g使用するレシピです。

[blogcard url=”https://omomukigoto.com/archives/2113″]