かぼちゃサラダ(玉ねぎなし)ツナとチーズ入りの居酒屋レシピ

居酒屋でアルバイトしていた知人から教えてもらったレシピをもとに、かぼちゃサラダを作りました。

聞いたのは25年以上前なのでお店はもうないですが、このサラダは食卓に出続けています。

「玉ねぎなし」という、生の玉ねぎが苦手な私には嬉しいレシピです。

味付けは少し変えましたが、ほぼ居酒屋の味を再現しています。

余ったツナ缶の消費にもおすすめです(^^)

決め手はバランス

2人分

材料

  • かぼちゃ 150g
  • ゆでたまご 1個
  • きゅうり 1/2本
  • ツナ 1缶
  • チーズ 45g
  • マヨネーズ(A)大さじ2.5
  • 粒マスタード(A)小さじ1.5
  • 塩・黒こしょう 適量

玉ねぎが入らない代わりに、粒マスタードと黒コショウで辛みを出します

居酒屋のメニューはお酒に合うように考えられているため、チーズを使った料理が多いですね。

このサラダはチーズがよいアクセントになっています。

おすすめはQBBのベビーチーズ(カマンベール入り)。

1個15gなので、ちょうど3個使えます。

私はQBBのベビーチーズが好きで、アーモンド入りチーズはこちらのパンに使いました。

普通のプロセスチーズでもOKですが、クリームチーズはかぼちゃと一体化するので使いません

このサラダはゆで卵、ツナ、きゅうり、チーズがほぼ同量入ります。

(ゆで卵は50g、オイルをしっかり絞ったツナ、きゅうり1/2、チーズは45g)

かぼちゃが主張し過ぎない、このバランスのよさがおいしさの秘訣なんですね。

かぼちゃが温かいうちに味付け

母がミニカボチャを送ってくれたので、これを1つ使いました。

かぼちゃは種やわた、皮を取り除くと、総量のうち使うのは約半分です。

一般に売られているかぼちゃの場合、このレシピで使う量は1/8サイズ。

普段は1/4サイズを買って半分をサラダ、半分をポタージュに使っています

 

 

きゅうりは薄切りにして塩をかるく振り、水分を抜きます。

かぼちゃは種とわたを取り、一口大にカットしたら電子レンジで加熱します。

やわらかくなったかぼちゃを潰し、刻んだゆで卵を合わせます。

かぼちゃとゆで卵が温かいうちに(A)を入れて、全体に味をなじませてください。

ツナの繊維を感じる

かぼちゃの熱が取れたらオイルを抜いたツナ、絞ったきゅうり、さいの目にしたチーズを入れます。

写真はわかりやすくするため全部一緒に入れましたが、まずはツナを入れてかぼちゃとしっかり混ぜたあと、きゅうりとチーズを加えて軽くまぜています。

最後に塩と黒コショウで味をととのえれば完成。

手で絞ってオイルをしっかり抜くと、このようにツナの繊維がはっきり表れます。

スプーンで押す程度の抜き方だと全体的に少しもったりしますね。

このあたりはお好みでどうぞ(^^)

レシピは2人分ですが、小皿にのる量(約100g)食べると3食分にあたります。

 

 

私がお酒を飲むのは果実酒を作ったときくらいです。

居酒屋でもお酒は飲まず、料理を味わいながら再現できそうなメニューを研究することが多いですね。

今はこんな状況なので外食は全然しないけれど、先月プラム酒を仕込んだので、数か月後に自宅で「ひとり居酒屋ごっこ」を楽しもうと思います(^^)v