失敗しないナンの作り方|フライパンで簡単!牛乳なしでもOK

えびのココナッツカレーに合わせて、本格的なナンを作ってみました。

牛乳なし、卵なし、調理はフライパンで簡単、それなのにモチモチして美味しい。

これはリピート決定です(^^)

昔カレーの専門店で食べたナンとまったく同じ味になりました。

ナンは過去に色々なレシピを試しましたが、失敗しなかったのはクラシルだけです。

余ったら冷凍保存

ナン(4枚分)

材料

  • ①強力粉 180g
  • ①薄力粉 90g
  • ①砂糖 10g
  • ①塩 3g
  • ①ベーキングパウダー 3g
  • ①ドライイースト 3g
  • 170g
  • 無塩バター 10g
  • 溶かしバター (無塩) 10g
  • 強力粉 (打ち粉)

作り方

  1. ボウルに①を混ぜ合わせます。
  2. 水を加え捏ねます。
  3. 生地がまとまったら台に出し、バターを加えて捏ねたら、生地を丸め、ボウルに入れラップをかけて常温で30分寝かせます。
  4. 生地を4等分に分け、打ち粉をして麺棒で5mm厚さに伸ばします。
  5. フライパンを中火で温め、両面がきつね色になるまで焼き、器に盛り溶かしバターを刷毛で塗ったら完成です。

引用元:kurashiru

今回は倍量で作ったため8等分にしました。

115g前後に分割したところです。

余った分はラップに包んで冷凍保存できます。

使うときはラップのまま自然解凍して、生地をのばして焼けばOK。

ナンはカレー以外にもポタージュなどスープでも使えるので、作り置きしておくと便利ですね。

 

 

5mmの厚さに伸ばして小判型にしました。

いびつな形の方が、いかにも”ナン”という雰囲気になります。

成形がおおざっぱでいい点は、アバウトな私にピッタリ(笑)

このままフライパンで両面を焼きます。

レシピでは仕上げに溶かしバターを塗ることになっていますが、私は塗りませんでした。

それでも十分美味しかったですよ(^^)v

固くなった原因

これまでのレシピではナンが固くなってしまう点が失敗でした。

でもクラシルのレシピで作ったら、もちもち&ふわふわです。

材料を比較してみたところ、強力粉と薄力粉が2:1である点、ベーキングパウダーを使う点は同じ。

違ったのは、卵と牛乳を使うか使わないかでした。

クラシルのレシピは卵も牛乳も使いません。

 

何となくですが、個人的には卵が原因のように思います。

パン作りをしていても、卵を使うとパンの仕上がりが少し固く感じるんですね。

目玉焼きをイメージするとわかりやすいかもしれませんが、卵白は焼くと固くなります。

そこがポイントなのでは・・・と想像しました。

 

一晩寝かせたカレー、もっちりしたナン、どちらもやみつきになる美味しさです。

自宅にいながらお店のように本格的なカレーを楽しめる幸せ。

クラシル様様です。