失敗しないナンの作り方|フライパンで簡単!牛乳なしでも美味しい

本格的な「ナン」を作りました。

牛乳なし、卵なし、調理はフライパンで簡単!それなのにモチモチして美味しいです。

本格的なカレーを作ったときは、ナンも手作りしたくなりますね。

これまで色々なレシピを試してみましたが、一度も失敗したことがないのはクラシルのレシピだけでした。

カレー専門店でいただいたときと同じ味でした

今回は、簡単なのに本格的なナンの作り方をご紹介します。

また、クラシルのレシピが他のレシピと違う点について、考察もしました。

材料と作り方

レシピはクラシルからの引用です。

ナン(4枚分)

材料

  • ①強力粉 180g
  • ①薄力粉 90g
  • ①砂糖 10g
  • ①塩 3g
  • ①ベーキングパウダー 3g
  • ①ドライイースト 3g
  • 170g
  • 無塩バター 10g
  • 溶かしバター (無塩) 10g
  • 強力粉 (打ち粉)

作り方

  1. ボウルに①を混ぜ合わせます。
  2. 水を加え捏ねます。
  3. 生地がまとまったら台に出し、バターを加えて捏ねたら、生地を丸め、ボウルに入れラップをかけて常温で30分寝かせます。
  4. 生地を4等分に分け、打ち粉をして麺棒で5mm厚さに伸ばします。
  5. フライパンを中火で温め、両面がきつね色になるまで焼き、器に盛り溶かしバターを刷毛で塗ったら完成です。

引用元:kurashiru

作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

休ませたあと

材料を合わせたあと、30分休ませて分割したところです。

今回は倍量で作ったため8等分しました。

目安としては、だいたい115~116g分割になるでしょうか。

打ち粉があれば生地は扱いやすくなりますので、まるめるのは簡単です。

余った分はラップに包んで冷凍保存すればOKです。

使うときは、ラップのまま自然解凍してから生地をのばして焼くだけです。

ナンはカレー以外にポタージュなどのスープでも使えます。

大量に作り置きしておくと便利ですよ。

焼く前

レシピでは5mmの厚さに伸ばすとなっていますが、だいたいこれくらいの薄さです。

今回は小判型にしてみました。

あまりきれいでない方がいかにもナンという味わいが出るので、いびつな形になっても大丈夫です。

このままフライパンで両面を焼けば完成。

仕上げの溶かしバターは塗っても塗らなくても美味しいです。

乳製品の使用を控えたい方は、塗らなくても味に影響はありませんので安心してください。

固くなった理由

これまでナンを作って失敗したのは固くなってしまうことでした。

でも、クラシルのレシピだともちもちでふんわりします。

そこに違いがあるのか、材料を比較してみました。

強力粉と薄力粉が2:1である点、ベーキングパウダーを使っている点は同じです。

違ったのは卵と牛乳を使うか使わないかでした。

クラシルのレシピは卵なし、牛乳なしです。

個人的には卵が原因かな・・・と思いました。

パン作りをしていた感じたことは、卵を使うと仕上がりが少し固くなるんですね。

目玉焼きをイメージしていただくとわかりやすいかもしれませんが、卵白って焼くと固くなりませんか?

実際にはわかりませんが、もしかしたら卵がない方が柔らかくなるのかもしれませんね。

まとめ

今回は卵なし、牛乳なし、フライパンで簡単に作れるナンをご紹介しました。

卵や牛乳にアレルギー反応を示すお子さんが多いため、このレシピはおすすめです。

早速トマトとココナッツミルクで作った、本格エビカレーと一緒にいただきました。

[blogcard url=”https://omomukigoto.com/archives/440″]

一晩寝かせたカレーも、もっちりしたナンも、やみつきになる美味しさです。

自宅にいながら、お店と同じ味を楽しめる至福のとき。

このレシピは本当に失敗しないので、初めての方もぜひお試しください。

美味しく作れますように。

フライパンひとつで手軽に作れるナン、おすすめです。