トマトからトマトソースを作りパスタに|甘くする簡単なコツは?

トマトからトマトソースを作り、夏野菜と合わせてパスタにしました。

甘みを出すために、ピーマンとケチャップを加えています(^^)

いつもはカットトマトでトマトソースを作りますが、田舎の母からトマトが大量に送られてきたので、傷む前にソースにしようと思いました。

パスタに使ったナスもトマトと一緒に送られてきたものです。

湯むきはしたほうがいい?

今回使用したトマトは5個。

市販のホールトマトやカットトマトなら必要ありませんが、トマトを使うときは「湯むき」します。

湯むきとはへたを取り、へたのない方に浅く十字の切り込みを入れて湯につけ、皮をむく作業のことです。

ここは個人の好みですが、皮は最後まで残るので口当たりをよくしたいなら取った方がいいと思います。

私は皮を取りました。

鍋にサラダ油とオリーブ油を各大さじ1入れ、みじん切りにしたにんにく1かけと玉ねぎ1個を弱火で炒めます。

玉ねぎにうっすら色がついたころ、1cm角にカットしたトマトを投入して中火にしました。

トマトソースに甘みをつけるコツ

トマトソースに甘みをつけるポイントは2つあるようです。

  • 香りの強い野菜を入れる
  • こくのあるペーストを入れる

これらはトマトの青臭さや酸味をやわらげて、甘みを出す効果があるとのこと。

私が参考にした料理本は、香りの強い野菜にピーマンとパセリを、こくのあるペーストにトマトペーストを使っていました。

でも私はパセリを入れずにピーマンのみ。

また、トマトペースではなくケチャップを使っています。

その代わり砂糖は入れません。

トマトソースにケチャップを入れるのは、かなりおすすめ。すご~く甘くなりますよ(^^)♪

私はトマトの酸味があまり得意ではないので、ケチャップをいれた自家製のトマトソースが好きです。

鍋の底に線が引けるまで煮詰める

トマト全体が温まったら、ケチャップ大さじ1、ピーマン2個、ローリエ1枚を加えます。

このままフタをしないで水分をとばし、ヘラでまぜながら30分ほど煮詰めました。

目安は鍋底にヘラで線を引けるレベルです。

トマトソースは3人分作れたので、2人分は小さな保存容器に1人前ずつ入れて冷凍保存しました。

残りは、炒めたナスと残ったピーマンと合わせて、今日の昼食「夏野菜のパスタ」に。

粉チーズと黒コショウをまぶし、バジルの葉を添えて完成。

旬の野菜には体によいエネルギーがつまっていると聞いたので、できるだけ食べるようにしています。

今年はバジルを植えるのが少し遅れたので、収穫も少しずつ。

もう少し繁ってきたら、このトマトソースを使ってマルゲリータを焼こう。