ラーメンを豆乳で手作り|辛くない担々麺を簡単に作れるレシピ

豆乳をラーメンのスープにした、ヘルシーな担々麺を作りました。

練りごまは必要なく、作り方も簡単。

豆乳を買ったらこの担々麺を必ず作ります。

はじめは豆乳の消費として作ったのですが、あまりもおいしいので人気レシピになりました。

つけ麺ではなく汁麺に変更

レシピはクラシルです。

1人前

材料

  • 中華麺 (生) 1
  • お湯 (ゆで用) 適量
  • 豚ひき肉 50g
  • 無調整豆乳 200ml
  • (A)すりおろし生姜 小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク 小さじ1/2
  • (A)豆板醤 小さじ1/2
  • (B)しょうゆ 大さじ1
  • (B)白すりごま 大さじ1
  • (B)酒 大さじ1/2
  • (B)砂糖 小さじ1
  • (B)鶏ガラスープの素 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • ラー油 小さじ1/4
  • 小ねぎ (小口切り) 適量

作り方

  1. 鍋にお湯を沸かし、中華麺をパッケージの表記通りにゆで、お湯を切ります。
  2. フライパンにごま油、(A)を入れて香りが立つまで弱火で炒めます。豚ひき肉を入れて、火が通るまで中火で炒めます。
  3. (B)を入れてなじむまで中火で炒め、無調整豆乳を入れて熱し、煮立ったら火から下ろします。
  4. お皿に1を盛り付け、器に3をよそい、ラー油と小ねぎをかけて完成です。

引用元:kurashiru

クラシルのレシピはつけ麺スタイルにしていますが、私は汁麺スタイルに変えました。

そのため肉味噌はレシピよりも濃い味付けにしています。

変更した点

  • しょうゆ → 味噌
  • 豆板醤小さじ1/2 → 小さじ1.5
  • 砂糖小さじ1 → 小さじ2
  • 鶏がらスープ小さじ1 → 小さじ1.5
  • 豆乳200ml → 400ml
  • 白すりごまなし

今回は味噌でこってり風味にしましたが、醤油味であっさり風味にすることもあります。

どちらもおいしいですよ(^^)

担々麺のピリッとした辛さと甘さがミックスした味が好きなので、豆板醤と砂糖は多めに使っています。

肉みそは多めに作って冷凍

豆乳の担々麺を作るときは、肉味噌をレシピの2、3倍作って冷凍保存しています。

こうすれば豆乳を消費したいと思ったときに、さっと使えるので便利。

冷凍した肉味噌を使うときは、鍋に豆乳と鶏がらスープの素を入れ、そこにレンジで温めた肉味噌を加えてひと煮たちさせればOKです。

かいわれ大根がアクセントに

汁麺スタイルにしたので、トッピングにはもやしとカイワレ大根を選びました。

ラー油を全体に振りかければ完成です。

豆乳を使っている点や、砂糖が多いことから、この担々麺はとてもまろやかな味になります。

そこにかいわれ大根の苦みがすごく合うので、おすすめです。

かいわれ大根がないときはわけぎを入れますが、ねぎの苦みは少し物足りないかな・・・と思いました。

この担々麺の陰の主役はかいわれ大根かもしれません。

 

豆乳を使ったおかずに凝っていて、色々試作しながら気に入ったレシピを溜めているところです。

そのなかでもこの担々麺は人気ナンバーワン♪

1000mlの豆乳を買ったときは必ず作っています。

甘辛担々麺の作り方を覚えたので、次は練りゴマを加えた本格的な担々麺に挑戦してみたいです。