プルーンを使う簡単なお菓子「ファーブルトン」をデザートに作る

午後のデザートとして、プルーン(干しプラム)を使ったファーブルトンを作りました。

このお菓子はプリンとカスタードの中間のような、「もちっ」とした食感を楽しめる焼き菓子です。

材料を混ぜ合わせて型に流し込むだけという簡単さ。

火を使ったり成形したりという工程がない分、作業に充てる時間は15分くらいで済みます。

(生地を休ませる時間や焼成時間を除く)

空いた時間にちょっとおやつを作りたくなったとき、便利なレシピです。

そのまま食べても美味しい

ファーブルトンには、いつもこちらのプルーンを使います。

大粒なうえに砂糖と保存料は不使用、種もないのでファーブルトンに最適。

プラム本来の自然な甘みが楽しめるので、そのまま食べても美味しいですよ。

プルーンは美容にもいいらしいです(^^)

隠し味はラム酒

使った型は、陶製のフラン型です。

グラタンやドリアを作るときに使う、周りがフリルになった器ですね。

約18cmのフラン型 1個分

材料

  • プルーン 9粒
  • 薄力粉 60g
  • グラニュー糖 45g
  • 卵(M)1個
  • 牛乳 150g
  • 生クリーム 150g
  • ラム酒 3g
  • 無塩バター(型用)適量
  • 粉糖(仕上げ)適量

 

 

型にバターを塗ってプルーンを並べます。

ボウルに振るった薄力粉、グラニュー糖、塩を入れて泡だて器で混ぜます。

別のボウルに卵、牛乳、生クリーム、ラム酒を入れて合わせたら、粉のボウルに少しずつ加えて泡だて器で静かに混ぜます。

このお菓子は最後にラム酒を入れるのがポイント。

味に深みが出て美味しいです。

今回は入れなかったけれど、バニラビーンズやバニラオイルで風味を追加することもあります。

 

漉してダマを取った状態です。

20分ほど冷蔵庫で休ませたら、フラン型に静かに流し入れます。

このとき、勢いよく流し入れるとプルーンが動いてしまうので注意。

液をおたまですくってプルーンの隙間を埋めていくように優しく入れると、焼き上がりがきれいです。

200℃に余熱したオーブンで30分、180℃に下げて5分焼きました。

使用する型で温度に変化

今回使用した陶製の型は熱伝導が悪いため、高めの温度で焼きましたが、十分熱が伝わるアルミやステンレスの型なら180℃で50分くらいが目安です。

両方使ってみた感想をいうと、熱伝導のよい型の方が底面に均等な焼き色がつきました。

そこにこだわりがないなら、どちらの型でも失敗なく焼けると思います。

 

こんな感じに焼き上がりました。

型のままでもかわいいですが、型から外して逆さにするとプルーンの模様がきれいに出ます。

バターを塗っているため、陶製でも熱いうちなら型から抜けますよ。

そのときは周囲のフリルを竹串でていねいになぞり、最後に底をかるく浮かせるときれいに外れます。

冷蔵庫で少し冷やしてから粉糖をかけて食べました。

 

 

プルーンといえば「〇キプルーン」。

日曜日に見ていた「新婚さんいらっしゃい」のCMでは、爽やかな貴一サマにうっとりしていました。

沢口靖子さん主演の映画「竹取物語」を見て以来のファンです。

田中美佐子さんと共演したドラマ「Age,35」もよかったな~♪

 

・・・余談でした。

 

それにしても連日暑いですね。

熱中症にはくれぐれもご注意ください。