残った豆餅でおかきを作る|はちみつ醤油で甘辛バージョンも追加

私が餅好きを公言したため、田舎の母から定期的にお餅が届きます。

たまに自分で餅をついていると話してからは、もち米までプラスされるようになりました。

餅だらけの我が家です(笑)

好物でも、これだけ続くとさすがに飽きてきますね・・・。

草餅は完食したので、残っている豆餅はおかきにして、味に変化をつけようと思います。

乾燥は1日

5cm×5cm×1cmの豆餅の幅と厚みを半分にして、トレーに並べました。

このままベランダで天日干し。

1日でこの状態になります。

写真だと差がわかりづらいかもしれませんね。

肉眼では「おおっ♪」と、思わず声に出てしまうほど著しく変化しています。

夏の日差しの威力を感じました。

低温でじっくりと

あまり膨らんでほしくないのと焦げないようにするため低温で揚げます。

この豆餅にはもともと塩が入っているので、特に味をつけなくても食べられますが、はちみつ醤油バージョンも作ってみました。

醤油・酒・はちみつを1:1:1で合わせ、少し煮詰めておかきにからめます。

表面を乾燥させるため、オーブントースターで軽く焼いて冷ませば完成。

売られている甘辛せんべいと同じ味がしました(^^)

砂糖醤油とは違った甘みを楽しめますね。

 

 

素揚げしたおかきは、何となく「おこげ」の味に似ています。

ということは、中華あんをかけたら美味しいかも。

 

・・・

 

試すのは明日にしよう。

さすがに今夜は別のものが食べたい。

 

7月も半ばを過ぎ、日中は夏らしい暑さを感じますが、日が沈むと風がひんやりしますね。

今年はエアコンをほとんど使っていません。

夜も寝苦しくないので助かります(^^)

 

先日、〇回目の誕生日を迎え、母と姉から花が届きました。

石鹸でできた「ソープフラワー」だそうです。

たしかに石鹸の香りがします。

 

昨年の今ごろは四十肩の痛みに悶えていたので、今年は痛みなく過ごせることがありがたいです。

引き続き、健康に留意しながら過ごしたいと思います。

まずは増えた体重を減らさないと。