冷凍たい焼きの温め方|焼きたてカリカリになるオススメの道具

焼きたてのカリカリしたたい焼きが好きです。

かなり昔に何かの景品で小さなたい焼き器をもらったことがあり、ホットケーキミックスとチョコレートを使って焼いてみたことがありました。

一応、形はたいになっていましたが、味はホットケーキ。

あの美味しいたい焼きの生地を再現することはできませんでした。

お店で使うたい焼き粉の配合が知りたい・・・。

今は再現するのを諦め、もっぱら冷凍たい焼きに頼っています。

ブヨブヨをカリカリに

最近の冷凍食品は本当に進化していますね。

スーパーで買うたい焼きもかなり美味しいです。

利用しているスーパーの冷凍たい焼きは、フクダ食品とタイアップした商品でした。

フクダ食品はアイデアに溢れたたい焼きを製造販売している会社です。

だからこんなに美味しいのかと、納得しました。

 

ただ、レンジで解凍すると”ブヨブヨ”になってしまう点が冷凍たい焼きの残念なところ。

やっぱり焼きたての”カリカリ”が食べたい。

何かよい方法はないか考えた末、「ホットサンドメーカー」の使用を編み出しました。

理想のカリカリを再現

ホットサンドを作るために買った、バウルー社の直火用ホットサンドメーカーです。

ホットサンドを美味しく作れますのでオススメです(^^)

開くとこんな感じです。

ここにレンジで軽く温めた冷凍たい焼きを2つ並べます。

冷凍たい焼きはメーカーによってサイズが微妙に違いますね。

このたい焼きは約12cm×7cmでした。

 

 

ロックをして弱火にかけ、片面を3分半、反対側を2分焼きます。

すると焼きたてと同じカリカリのたい焼きが完成です。

今日は長年使っていたサイドボードを処分しました。

30代のころ、なぜかブランド食器にハマってしまい、いろいろ買い揃えて飾っていました。

でも今はまったく興味がありません。

未使用のものは買い取ってもらい、使用済みのものだけ手元に残しました。

飾る品がなくなったため、家具も手放すことにしたのです。

 

モノが欲しい時期は過ぎたのかもしれません。

今はモノを整理したい時期に突入しています。

 

たい焼きを食べながら、サイドボードの跡を眺める午後。

部屋が少し広くなった気がしました。