コーヒーパウンドケーキ|インスタントコーヒーを使えば大人の味が簡単に

インスタントコーヒーを使い、ほろ苦いコーヒーパウンドケーキを焼きました。

生クリームとラム酒を加えた本格的な味。

パウンドケーキのアレンジの中では、キャラメルパウンドケーキと並んでよく作ります。

コーヒー味のパウンドケーキといえば、有名なのがマーブルバージョン。

マーブルだと生地を2種類作らないといけないね…

このレシピは、インスタントコーヒーをふりかけるだけなので簡単です。

インスタントコーヒーと生クリームを消費する目的で考えました。

コーヒーパウンドケーキのレシピ

材料と作り方

21cmパウンド型1本分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 砂糖 90g
  • 全卵 2個
  • 薄力粉 90g
  • アーモンドプードル(AP) 30g
  • ベーキングパウダー(BP) 2g
  • 生クリーム 10g
  • ラム酒 5g
  • インスタントコーヒー 5g
  • 仕上げ用の粉糖 少々
  • 型用バター、強力粉 少々

作り方

準備
パウンド型の内側にバターを塗り、強力粉を入れて全体に行きわたらせる
余分な粉を払い落としたら、型は冷蔵庫で冷やしておく

  1. ボールに無塩バターと砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜ合わせる
  2. とき卵を少量ずつ加えてしっかり混ぜ合わせる
  3. 薄力粉、AP、BPを合わせてふるい入れ、粉気がなくなるまでヘラでしっかり混ぜる
  4. ラム酒、生クリームを加えて生地にツヤが出るまで混ぜる
  5. インスタントコーヒーを加えたら、生地全体に行き渡るようにさっくり混ぜる
  6. 型に流し入れ、170度に予熱したオーブンで40分焼く

使用したのは、21cm×8cm×6cmのパウンド型(ブリキ製)です。

(20cm型でも代用できます)

生クリームやアーモンドプードルがない場合は以下に変更します。

  • 生クリームなし…砂糖を100g
  • アーモンドプードルなし…薄力粉を120g

薄力粉100%にすると、少しもっちりした食感になります。

インスタントコーヒーは粒の粗いものがおすすめ。

今回使用したのは、UCCの「THE BLEND No.114」です。

水で簡単に溶けるタイプのインスタントコーヒーは粉のため、生地に加えた途端に溶けてしまいました。

注意

粒が粗いタイプでも混ぜすぎると溶けてきます。このパウンドケーキは、コーヒーのつぶつぶを残すところがポイントなので、インスタントコーヒーを加えたら、粒が全体にいき渡る程度にさっくりと混ぜます。

そして隠し味にラム酒を少し加えて大人の味に。

風味づけが目的のため、入れなくても問題ありません

「コーヒーラム」という商品があるように、ラム酒はもともとコーヒーと相性がよいみたいですね。

焼成前

パウンド型に生地を流し込みました。

焼いて20分ほどしたころ、生地の中央に切り込みを入れるときれいに割れます。

オーブンを開けずに真ん中で割るなら、バターやショートニングで細い線を引くのが確実です。

今回は全体を均等にしたあと、ゴムベラで中央に軽く線を引きました。

この方法でも真ん中で割れやすくなります。

このまま170℃のオーブンで40分焼きました。

焼成後

焼き上がりはこちら。

パウンドケーキは後半から勢いよく膨らんできます。

焼き上がりの目安は、割れた中から盛り上がる生地の表面に薄く色がついたころ。

焼成時間はオーブンの機種によって若干変化します。

型から外して粗熱をとり、表面に粉糖を軽くかけて完成です。

コーヒーパウンドケーキのこぼれ話

普段、手作りのお菓子をプレゼントすることはありませんが、過去に1度だけ贈ったことがあります。

趣味はお菓子作りだと会社で話したところ、同僚からリクエストされました。

そのときに選んだのが、このコーヒーパウンドケーキです。

甘いものが苦手な上司の口にも合うように…と考えた末でした。

自己満足で作っていましたので、よそ様に渡すなんて大丈夫だろうかと、当日はドキドキ。

結果、「コーヒーとラム酒って意外に合うね」と喜びの声をいただき、ホッとしました。

インスタントコーヒーと生クリームがそろった時、真っ先にこのパウンドケーキが浮かぶのは、嬉しい記憶が蘇るからでしょうね。

まとめ

今回はコーヒーパウンドケーキのレシピをまとめました。

インスタントコーヒーを使うため、マーブルのように生地を二種類に分ける必要がありません。

パウンドケーキは砂糖を多く使用しますので、コーヒーの苦みが加わると味のバランスもよくなります。

ごちそうさまでした。