インスタントコーヒーを使ったパウンドケーキを本格的な大人の味に

インスタントコーヒーを使ったお菓子、『コーヒーパウンドケーキ』を焼きました。

生クリームやラム酒を加えて本格的な味にした、大人向けのパウンドケーキです。

薄力粉100%ではなく、アーモンドプードルを加えて、ふわふわとした軽い食感に仕上げました。

コーヒー味のパウンドケーキといえば、マーブルバージョンもありますね。

マーブルは生地を2種類にしないといけないのが大変なのよね…

紹介するレシピはその必要がなく、インスタントコーヒーをふりかけて混ぜるだけ。

作り方はとても簡単です。

なお、生クリームがない場合にそなえ、生クリームなしのアレンジ法も添えました

『コーヒーパウンドケーキ』レシピ

21cmパウンド型1本分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 砂糖 90g
  • 全卵 2個
  • 薄力粉 90g
  • アーモンドプードル(AP) 30g
  • ベーキングパウダー(BP) 2g
  • 生クリーム 10g
  • ラム酒 5g
  • インスタントコーヒー 5g
  • 仕上げ用の粉糖 少々
  • 型用バター、強力粉 少々

作り方

準備
パウンド型の内側にバターを塗り、強力粉を入れて全体に行きわたらせる
余分な粉を払い落としたら、型は冷蔵庫で冷やしておく

  1. ボールに無塩バターと砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜ合わせる
  2. とき卵を少量ずつ加えてしっかり混ぜ合わせる
  3. 薄力粉、AP、BPを合わせてふるい入れ、粉気がなくなるまでヘラでしっかり混ぜる
  4. ラム酒、生クリームを加えて生地にツヤが出るまで混ぜる
  5. インスタントコーヒーを加えたら、生地全体に行き渡るようにさっくり混ぜる
  6. 型に流し入れ、170度に予熱したオーブンで40分焼く

使用したのは、21cm×8cm×6cmのパウンド型(ブリキ製)。

20cm型でも代用できます。

インスタントコーヒーの銘柄にこだわりはありませんが、粒が粗いもの がおすすめです。

水で簡単に溶けるタイプは完全な ”粉” になっているため、生地に加えるとすぐに溶けてしまいます。

ただし、粒が粗いタイプでも混ぜすぎると溶けてきますので注意 してください。

このパウンドケーキは、コーヒーのつぶつぶを残すところがポイント

インスタントコーヒーを加えたら、粒が全体に行き渡る程度に混ぜるだけでOKです。

 

生クリームを加える理由は、コーヒーの苦みをまろやかにするため です。

不使用でもおいしく作れますが、その場合は砂糖を100gに変更してください。

また、アーモンドプードルが無くても、薄力粉を120gにすればOKです。

 

そして、「ラムコーヒー」という商品があるように、ラム酒はコーヒーによく合います。

少し加えるだけで、一気に大人向けの味になりますよ

風味づけが目的のため、無い場合は抜いても問題ありません。

焼成前

こちらが、パウンド型に生地を流し込んだ状態です。

全体を均等にして、中心に軽く線を引いておきます。

このようにすれば、オーブンを開けて切込みを入れなくても真ん中で割れやすくなります。

ギフト用など、仕上がりを美しくしたいなら、途中で切り込みを入れた方が安心かもしれません。

このまま170℃で40分焼きました。

焼成後

そして、こちらが焼き上がった状態です。

後半から勢いよく膨らんできます。

焼き上がりの目安は、割れた中から盛り上がる生地の表面に薄く色がついた頃 でしょうか。

時間はオーブンによって変化しますので、調整なさってくださいね。

型から外して粗熱をとり、表面に粉糖を軽くかけて完成です。

『コーヒーパウンドケーキ』感想

以前、会社で趣味がお菓子作りだと話した際、何か作ってきてとリクエストされたことがありました。

そこで焼いたのが、このパウンドケーキです。

コーヒーとラム酒で大人向けにした点を、とても喜んでいただきました。

インスタントコーヒーと生クリームがそろっている時には、このパウンドケーキを真っ先に焼きます。

アーモンドプードルを入れないと、もっちりとした食感になりますが、こちらも美味しかったですよ。

インスタントコーヒーを使ったパウンドケーキ|まとめ

今回は、インスタントコーヒーを使った『コーヒーパウンドケーキ』のご紹介でした。

マーブルにする工程がないため、とても簡単です。

パウンドケーキは使用する砂糖の量が多くなる分、どうしても甘くなりがち。

そこにコーヒーの苦みが加わることで、バランスのよい味になります。

インスタントコーヒーやラム酒の量は、お好みで調整なさってください。

美味しく作れますように。

本格的な味になるコーヒーパウンドケーキ、おすすめです。