インスタントコーヒーでマーブルにしないコーヒーパウンドケーキ

インスタントコーヒーを使ったコーヒーパウンドケーキを焼きました。

生クリームとラム酒を加え、少しだけ本格的な味に(^^)♪

パウンドケーキのアレンジの中では、キャラメルパウンドケーキと並んでよく作ります。

コーヒー味のパウンドケーキで有名なのはマーブルにするパターンですが、生地を2種類作るのは大変。

その点、このケーキはインスタントコーヒーをふりかけるだけなので簡単です。

インスタントコーヒーが余っていたので、その消費を目的に考えました。

使うのは溶けないタイプ

21cmパウンド型1本分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 砂糖 90g
  • 全卵 2個
  • 薄力粉 90g
  • アーモンドプードル(AP) 30g
  • ベーキングパウダー(BP) 2g
  • 生クリーム 10g
  • ラム酒 5g
  • インスタントコーヒー 5g
  • 仕上げ用の粉糖 少々
  • 型用バター、強力粉 少々

使用したのは、21cm×8cm×6cmのパウンド型(ブリキ製)です。

(20cm型でも代用できます)

普段はドリップしたコーヒーを飲みますが、たまにインスタントも利用します。

そのときは、UCCの「THE BLEND No.114」を買うことが多いですね。

UCCのコーヒーは子どもの頃から馴染みがあるので、つい選んでしまいます。

粒は大きめ。

溶けるタイプのインスタントコーヒーは生地に加えた途端に混ざってしまうため、粒の粗いものがおすすめです。

 

パウンド型の内側にバターを塗って強力粉をまぶしたら、冷蔵庫で冷やしておきます。

ボールに無塩バターと砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜ合わせ、とき卵を少量ずつ加えてしっかり混ぜ合わせます。

薄力粉、AP、BPを合わせてふるい入れ、粉気がなくなるまでヘラで混ぜます。

ラム酒、生クリームを加えて生地にツヤが出るまで混ぜたらインスタントコーヒーを加えます。

 

このパウンドケーキは、コーヒーのつぶつぶを残すところがポイント。

生地全体に行き渡るようにさっくり混ぜる程度でOKです。

 

 

パウンド型に生地を流し込み、170度に予熱したオーブンで40分焼きました。

焼き上がりはこちら。

焼き上がりの目安は、割れた中から盛り上がる生地の表面に薄く色がついたころでしょうか。

焼成時間はオーブンの機種によって若干変化すると思います。

型から外して粗熱をとり、表面に粉糖を軽くかければ完成。

生クリームやAPがなくてもOK

生クリームやアーモンドプードルがないときは、以下のように変更すれば作れます。

  • 生クリームなし…砂糖を100g
  • アーモンドプードルなし…薄力粉を120g

薄力粉100%にすると少しもっちりした食感になります。

ラム酒は風味づけが目的のため、入れなくても問題ありません。

「コーヒーラム」という商品があるように、ラム酒はもともとコーヒーと相性がよいみたいですね。

 

私は手作りのお菓子を人にプレゼントすることはありませんが、過去に1度だけ贈ったことがあります。

趣味がお菓子作りだと会社で話したところ、同僚からリクエストされました。

そのときに選んだのが、このコーヒーパウンドケーキです。

 

甘いものが苦手な上司からも「コーヒーとラム酒って意外に合うね」と好評で、ホッとしました。

インスタントコーヒーと生クリームがそろったとき、このパウンドケーキを真っ先に思い浮かべるのは、嬉しい記憶があるからなのかもしれませんね。

あれから何年経っただろう・・・皆さんお元気かな。