フィナンシェのアレンジ|かわいい型で作った「ポンポネット」

フィナンシェをハートの形にアレンジしたポンポネットを作りました。

フィナンシェの材料で作れます。

ポンポネットとは、フランス語で「小さくてかわいいもの」「ふっくらした」という意味。

混ぜ過ぎないのがコツ

ハート型2枚 24個分

材料

  • 薄力粉 35g
  • アーモンドプードル 35g
  • 粉糖 35g
  • 卵白 90g (約3個)
  • グラニュー糖 50g
  • 無塩バター 90g

型に薄くバターを塗っておきます。

ボールに卵白とグラニュー糖を入れて混ぜ合わせ、アーモンドプードルと粉糖を一緒に振るったものを加えてさらに混ぜ合わせます。

振るった薄力粉を加えて混ぜ合わせ、焦がしたバターを加えて混ぜます。

薄力粉は混ぜるとグルテンが作られます。

グルテンが出過ぎると焼いた時に底浮きしますので、混ぜすぎないように注意してください。

バターを入れるとグルテンの生成を抑えられるため、早めに混ぜ合わせるのがおすすめです(^^)

 

 

ポンポネットの生地をハート型に流したところです。

生地は熱を加えると膨らむので、型を満たす少し手前ぐらいの量がベスト。

入れたあとに生地の表面がカーブして(盛り上がって)いたら入れ過ぎです。

型離れがやや悪い

このように真ん中がぷくっと膨らんで、かわいく焼き上がります。

この型はシリコン加工されているのですが、油脂を塗らないと型離れがやや悪いです。

そこだけが難点かな・・・(-_-)

でも、あらかじめバターを塗っておけば、竹串でコロンと簡単に取り出せるので大丈夫です。

粗熱を取るため並べました。

ハートがいっぱいで、かわいらしさが際立ちますね(^^)

一日置くとしっとりして美味しいです。

フィナンシェといえば金ののべ棒のような型が定番。

それももっていますが、私はこのハート型を使ってポンポネットにすることが多いです。

ポンポネットで余った卵黄は、はちみつクッキーに使いました。