ポンポネット

卵白のお菓子といえばフィナンシェですね。

今回は、フィナンシェをハートの形にアレンジしたポンポネットのレシピをご紹介します。

使用したのはこちらのシリコン加工 ハート型(12個)

フランス語で「小さくてかわいいもの」「ふっくらした」などを意味するように、ポンポネットは小さくてかわいいお菓子です。

材料と作り方

レシピ

ポンポネット(ハート型2枚 24個分)

材料

  • 薄力粉 35g
  • アーモンドプードル 35g
  • 粉糖 35g
  • 卵白 90g (約3個)
  • グラニュー糖 50g
  • 無塩バター 90g

作り方

準備:オーブンを170℃で予熱します

  1. アーモンドプードルと粉糖をあわせて振るいます
  2. ボールに卵白とグラニュー糖を入れて混ぜ合わせます
  3. 2を入れて混ぜ合わせます
  4. 振るった薄力粉を加えて混ぜます(※注1)
  5. 焦がしたバターを加えて混ぜます
  6. 型に流して、170℃のオーブンで20分焼きます
注意

薄力粉は混ぜると「グルテン」が作られます。
グルテンが出過ぎると、焼いた時に底浮きしますので、混ぜすぎないように注意して下さい。
バターを入れるとグルテンの生成を抑えられるため、早めに5の工程に移って混ぜ合わせるのがおすすめです。

ハート型を1枚使用の場合は分量を1/2にして下さいね

焼成前

ポンポネットの生地をハート型に流したところです。

生地は熱を加えると膨らみますので、型を満たす少し手前ぐらいの量がベストです。

入れたあとに生地の表面がカーブして(盛り上がって)いたら入れ過ぎです。

焼成後

このように真ん中がぷくっと膨らんで、かわいく焼き上がります。

シリコン加工されているため竹串を使えば、コロンと簡単に取り出せます。

粗熱を取るために並べたところ、ハートがいっぱいでかわいらしさが際立ちます。

まとめ

今回はフィナンシェの生地を使って作る、かわいいハートのポンポネットをご紹介しました。

バターを使っているお菓子は、一日置いた方がしっとりして美味しくなりますよ。

ココアや抹茶を加えれば、さらにアレンジのバリエーションが広がります。

卵白のみのお菓子を作りたいとき、真っ先に浮かぶのがフィナンシェです。

フィナンシェ型から少し変化をもたせたいときは、ハートにアレンジなさってみてください。

写真のビンは100円ショップで購入しました。

お気に入りのリボンをつけて、ポンポネットを入れたら、おしゃれな容器に早変わり。

ラッピングもお菓子作りの楽しみのひとつですね。

美味しくつくれますように。

可愛らしいハートのポンポネット、おすすめです。

余った卵黄で香り豊かなハニークッキーを作りました。