豆乳シフォンケーキ

豆乳シフォンケーキを焼きました。

牛乳の代わりに豆乳を使っているためヘルシーです。

シフォンケーキに牛乳は必須のイメージですが、牛乳なしでも美味しく焼けますよ。

豆乳料理が好きな方は、余った豆乳をシフォンケーキ作りに活用なさってみてはいかがでしょうか。

豆乳フォンケーキのレシピは豊富にありますが、今回はクラシルのレシピを使いました。

卵黄と卵白が同量のため、卵を使い切ることができる点がいいです。

材料と作り方

レシピはクラシルからの引用です。

豆乳シフォンケーキ(17cmシフォン型1台分)

  • 調製豆乳50g
  • 薄力粉75g
  • ベーキングパウダー2g
  • 卵黄3個
  • グラニュー糖20g
  • サラダ油30g
  • 卵白3個
  • グラニュー糖50g

作り方

  1. 粉類はふるっておきます。
    オーブンは170度に予熱しておきます。
  2. 卵黄とグラニュー糖20gをもったりするまで良く混ぜます。
  3. 2.に豆乳とサラダ油を少しずつ入れて混ぜます。
  4. メレンゲを作ります。
  5. 3.とメレンゲを混ぜ合わせます。2〜3回にわけて混ぜ合わせます。
  6. 型に流し込み、170度のオーブンで35分焼きます。
  7. 焼けたら粗熱が取れるまで、逆さにして置きます。

引用元:kurashiru

作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

焼成前

シフォン型は17cmを使います。

きれいにな焼き上がりにするコツは、このように型の側面に生地をヘラでつけることです。

クラシルのレシピには入っていない工程です

シフォンケーキの型は20cmも保有していますが、手軽に焼ける17cmを使うことが多いですね。

こんなかわいい花の型もあるようです。

ショップの説明を読んでみると、気になる一文がありました。

ショップの声

シリコン加工のため、シフォン生地の場合はすべり落ちてしまう可能性がございます。
現在、シフォンレシピを模索中です。

シリコンだと隙間ができてしまうからでしょうか?

同じデザインのブリキ製が欲しいです。

口コミにはシフォンケーキを焼いた写真つきレビューもありましたが、「生地がもれた」という声もあります。

パンを焼くには問題なさそうですね。

焼成後

実はここでうっかりミスを起こしてしまいました。

レシピは170℃で35分焼きますが、180℃で予熱してしまいました。

庫内の温度が高いと生地が割れるころに表面が焼き固まってしまうため、写真のように横から盛り上がってきます。

幸い、全体の仕上がりに大きく影響しませんでしたが、くれぐれも温度には気をつけてくださいね。

仕上げ

粗熱をとった後、7分立てにした生クリームといちご、ピスタチオを添えました。

クラシルのレシピではベーキングパウダーを使用していますが、メレンゲだけで膨らます方法もあります。

その場合は卵白を卵黄より1個分増やすといいですよ。

今回なら、卵白4個分、卵黄3個分ですね。

まとめ

今回は牛乳なしで作る豆乳シフォンケーキを作りました。

バターを使っていないため、シフォンケーキはどれだけでも食べられますね。

牛乳のかわりに豆乳を使っても、味に大きな違いはありません。

最近では牛乳なしで作ることが増えました。

美味しく作れますように。

牛乳アレルギーの方でも美味しく召し上がれるシフォンケーキ、おすすめです。

余った豆乳を使い、辛くないクリーミーな坦々麺を作りました。