片栗粉のお菓子ならたまごボーロがおすすめ!卵黄のみ・牛乳不使用

卵黄のみ、牛乳不使用の『たまごボーロ』を作りました。

目的は片栗粉の消費でしたが、小麦粉がないときの代用としても、片栗粉はおすすめです。

グルテンが発生しない片栗粉は、クッキー系のお菓子に最適

サクサクとした、口当たりのよい仕上がりになりますよ♪

ご紹介のレシピは甘さ控えめのため、ダイエット中の方や、糖分の少ないお菓子を食べたい方にもおすすめです。

また、余った卵黄や豆乳の消費レシピとしてもご活用いただけます。

まぜてまるめて焼くだけ…と、作り方も簡単。

レシピどおり作れば、まず失敗しない(笑)安心のお菓子です。

『たまごボーロ(卵黄のみ・牛乳不使用)』レシピ

約50個分

材料

  • 卵黄 1個(Mサイズ)
  • 砂糖 20g
  • 片栗粉 70g
  • 豆乳 2g

作り方

  1. ボールに卵黄と砂糖を入れて混ぜ合わせる
  2. 片栗粉を加え、色のムラが出ないようしっかり混ぜ合わせる
  3. 豆乳を加えてさらに混ぜ合わせる
  4. 生地を直径1cmに丸め、天板に並べる
  5. 170℃で予熱したオーブンで16分焼く

豆乳がない(使いたくない)ときは、片栗粉の量を減らせば問題ありません。

Mサイズの卵黄はだいたい20g前後。

使用する卵のサイズによって卵黄の量が微妙に変わるため、卵黄の重さを量っておくと安心です。

20gに満たなかったり超えたりしたときは、豆乳で調整します。

調整の目安は、こちらの写真を参考になさってください。

全体がきれいにまとまり、指を押してもひび割れのない跡がつく状態 です。

今回使用した卵黄は22gで、豆乳2gを加えて丁度良い固さになりました。

生地のまとまり具合は成形に影響しますので、ここは慎重におこなってくださいね。

注意

生地をまるめていると、手のひらについた生地の残りが乾燥して固まってきます。その状態で成形を続けると、たまごボーロの表面がザラザラしてきますので、こまめに手を洗いながら作業を続けます。そうすれば、表面を滑らかな状態にまるめることができ、仕上がりもきれいですよ。

直径1cmに丸めると、焼き上がりは1.8cmほどのサイズになります。

目分量でもOKですが、大きさをそろえたいなら、2g分割がちょうどよいです。

このレシピは、2g分割で約50個作れます。

焼成前

こちらが生地を天板に並べた状態です。

生地と生地の間は、これくらいの間隔で問題ありません。

たまごボーロは、160℃から180℃の間で焼くことが多いです。

温度については、焼き色をつけたいなら180℃、つけたくないなら160℃がおすすめ。

180℃の場合は10分ほど、160℃になると20分近く焼くことになります。

時間はご家庭のオーブンによって、まちまちです。

私はほどよい焼き色がつくように、170℃で16分焼きました。

焼成後

こちらが焼き上がった状態です。

全体にふっくらして可愛く仕上がります。

たまごボーロの着色は、淡いきつね色が均等についた程度が好きです。

『たまごボーロ(卵黄のみ・牛乳不使用)』感想

年齢のせいか(笑)甘さ控えめのお菓子を好んで作るようになりました。

市販のたまごボーロよりも甘くないため、何個でも食べられてしまいます。

カロリーは控え目でも、食べる量が増えるなら意味ないじゃない

 

…そうでした

 

一口で食べられる気軽さと、サクサクした触感がヤミツキになり、つい止まらなくなるんですよね。

もう少し甘めが好みの方は、砂糖を10g追加してみてください。

その場合も最後の調整は豆乳です。

片栗粉のお菓子ならたまごボーロがおすすめ|まとめ

今回は、卵黄のみ、牛乳なし(代わりに豆乳入り)の『たまごボーロ』を紹介しました。

使う材料が少なくて済み、何より「失敗しない」ため、卵黄や豆乳が余ったときに活躍するレシピです。

膨らみが欲しいお菓子や、カスタードクリームでなければ、片栗粉は薄力粉の代用として使えます。

美味しく作れますように。

片栗粉のサクサクとした食感が美味しいたまごボーロ、おすすめです。