濃厚でしっとりしたキャラメルパウンドケーキを簡単に作れるレシピ

生クリームを使い、濃厚かつしっとりとしたキャラメルパウンドケーキを焼きました。

味の決め手となるのは”キャラメルクリーム”。

作り方はとても簡単です。

お菓子作り初心者でも失敗が少ない焼き菓子といえば、”クッキー”や”パウンドケーキ”

小麦粉・砂糖・卵・バター

少ない材料でOK!という点も魅力ですね。

特にパウンドケーキの場合は材料を混ぜ合わせ、型に流してオーブンヨロシク!

パパッとお菓子を作りたい時に、このお手軽さは助かります。

アレンジのバリエーションが豊富な点もパウンドケーキ作りの面白いところでしょうか。

今回のレシピは、別のお菓子作りで余った生クリームを消費するために考えました。

生クリーム不使用のキャラメルパウンドケーキレシピもあります。

そちらは別の機会にご紹介しますね。

材料と作り方

レシピ

キャラメルパウンドケーキ(21cmパウンド型1本分)

材料

  • 無塩バター 100g
  • 砂糖 100g
  • 薄力粉 100g
  • アーモンドプードル(AP) 20g
  • ベーキングパウダー(BP) 4g
  • グラニュー糖 70g ※砂糖でもOK
  • 生クリーム 50g
  • 型用バター、強力粉 少々

作り方

準備
パウンド型の内側にバターを塗り、強力粉を入れて全体に行きわたらせます
余分な粉を払い落としたら、型は冷蔵庫で冷やしておきます
生クリームはレンジで温めておきます

  1. 鍋にグラニュー糖を広げ入れ、弱火の中火にかけ溶かし煮詰めます
  2. あめ色になったら火を止め、生クリームを一気に加えへらで手早く混ぜ、粗熱をとります
  3. ボールに無塩バターと砂糖を入れて白っぽくなるまで混ぜ合わせます
  4. 卵を加えてしっかり混ぜ合わせます
  5. 粗熱をとったキャラメルクリームを加え、全体をしっかり混ぜ合わせます
  6. 薄力粉、AP、BPを合わせてふるい入れ、粉気がなくなるまでヘラでさっくり混ぜます
  7. 生地を型に流しいれ、170度に予熱したオーブンで50分焼きます

パウンドケーキの型は種類が多いため、お手持ちのサイズと合っているか確認なさってください。

今回使用したのは、21cm×8cm×6cmのパウンド型(ブリキ製)ですが、20cm型なら代用できます。

工程4の卵を合わせるときに、卵とバターが分離するなら粉を大さじ1~2程度加えてください。

キャラメルパウンドケーキでは、キャラメルクリームを作るのにグラニュー糖と生クリームを使います。

そのため、生地に使用する砂糖とバターは粉に比べて量を控えました。

また苦味を増すため、グラニュー糖の量はやや多めです。

それによって濃厚な味になります

キャラメルクリームの濃度はこれくらいです。

デミグラスソースに近い色でしょうか。

焼成前

パウンド型に生地を流し込んだ状態です。

全体を均す(平らにする)と焼き上がりがきれいになります。

ただし、キャラメルパウンドケーキは砂糖を多く使うため焦げやすいのが難点。

焦がさないため、焼成温度は160℃から170℃がおすすめです。

今回は170℃で50分焼きました。

焼成後

こちらが焼き上がった状態です。

キャラメルパウンドケーキは、通常のパウンドケーキよりも濃い色に仕上がります。

そして・・・

パウンドケーキといえば”割れ目”も大切ですね。

割れ目をきれいに出すには、焼いている途中に庫内を開けて切り込みを入れる方法がひとつです。

その場合は、焼き始めて15分ほど経った頃がよいタイミングだと思います。

注意

庫内温度が下がりやすいオーブンの場合はドアオープンを控えた方がよいです。
型に生地を流したとき、ヘラで中央に軽く線を入れてください。
そうすれば、途中で切込みを入れなくても中央で割れやすくなりますよ。

まとめ

今回は、生クリームを使ったキャラメルパウンドケーキをご紹介しました。

グラニュー糖の量を多めにすることで苦味を増した、濃厚なケーキです。

ほろ苦い甘さは大人の味。

このケーキを頂くと、必ずブラックコーヒーが飲みたくなります。

お子さんに焼かれるときは、キャラメルクリームの苦味を抑えてくださいね。

また、生地に加える砂糖を20gほど追加すると、子どもたちが好きな甘さになると思います。

写真は焼き上がって型から出したときの状態です。

型にバターを塗って強力粉を行き渡らせ、冷蔵庫で冷やすという準備をすることで、型離れがよくなります。

面倒な工程ですが、このひと手間が仕上がりに差をうむのですね。

美味しく作れますように。

しっとり感を高めるには、一日置いてから召し上がることをおすすめします。

バターを使うお菓子は全般的にその傾向がありますね。

ポンポネットも翌日頂いたほうがしっとりして美味しかったです。

[blogcard url=”https://omomukigoto.com/archives/312″]