バラのアップルパイは意外に簡単|生焼けや焦げる失敗を防ぐコツ

市販の冷凍パイシートを使ってバラのアップルパイを作りました。

一見、難しそうに思えますが、作ってみると意外に簡単です。

ただ、ちょっと食べにくいですね (^^;)

私はガブッといきましたが、きれいに食べるならフォークとナイフが必要かもしれません。

バラのアップルパイ作り方

参考にしたのはクラシルのレシピです。

12個分

材料

  • りんご1個
  • グラニュー糖大さじ2
  • レモン1/4個
  • シナモンパウダー少々
  • 冷凍パイシート2枚

作り方

準備:オーブンは180℃に予熱しておきます。

  1. りんごを薄く皮つきのまま薄くスライスします。
  2. りんごをボールに入れ、グラニュー糖とレモン汁をふり、レンジで3分加熱します。
    その後、粗熱をとっておきます。
  3. 冷凍パイシートを伸ばし、6本に切ります。
  4. 3の1本にシナモンパウダーを全体にふりかけ、りんご、少し重なるようにしておき、端から巻いていきます。
  5. 180度オーブン30分、焼き色がつくまで焼いたら完成です。
    お好みで粉糖をふってください。

引用元:kurashiru

パイ生地は熱が入るとふくらむため、バラの形を美しく仕上げるには型が必要です。

クラシルのレシピはフッ素加工されたスチール製のマフィン型(12コ)を使用していますが、私はこちらの型を使いました。

ブリキ マフィン型(6個)

使い始めのころは型離れが少し悪いので、型にバターを塗って強力粉をふるっておきます。

花びらをきれいに作るコツ

このアップルパイはりんごの重なりがバラの花びらに見えるかどうかが成功に影響します。

きれいなバラ模様にするため、私は2つのことを意識しました。

  1. リンゴに熱を入れ過ぎない

    リンゴに熱を入れ過ぎると巻くときに崩れるので、電子レンジ3分は厳守です。

  2. リンゴ同士の重なりを多めにする
    生地の上にリンゴを並べるとき、リンゴの重なりを多めにすると花びらがきれいになります。
    また、生地を巻くときは、利き手と反対の手を作業台に垂直に立てて壁のようにしました。
    そこに沿って巻いていくと、バラの表面がデコボコになるのを防止できます。

りんごと一緒にまるめたパイ生地を型に入れたところです。

このまま180℃に余熱したオーブンで30分焼きました。

焼きたては柔らかくて崩れやすいので、竹串を使いながらていねいに型から取り出します。

冷めたら粉糖をかけて完成です。

生焼けと焦げを防ぐには

バラのアップルパイで起こりやすい失敗は、「生焼け」と「焦げ」だと思います。

焦げはアルミホイルを軽くかぶせることでクリアしました。

焼き始めて10分ほどたったら表面に軽くかぶせます。

この方法だと焼く時間も延ばせるため、生焼けの問題もクリアできますよ。

それでも生焼けに感じるなら、別の可能性として生焼けだと誤解しているケースが考えられます。

バラのアップルパイはリンゴと生地を一緒に巻き込むため、外側の生地は熱に触れてサクサクしますが、巻き込んだ内側の生地はリンゴの水分が染み込み、しっとりした食感になりやすいです。

とくにパイ生地とりんごの重なり部分が多いと、サクサクの妨げになります

 

 

このアップルパイは芸術品のようなデザインなので、完成したときのテンションは上がりますね。

でもやっぱり「食べにくい」という印象が強く残ったかなぁ・・・(^^;)

同じアップルパイでも、りんごジャムで作ったこちらは食べやすかったです。

フィリングの水分が少ないため、サクサクしたパイ生地にするのも簡単でした。