バラのアップルパイは意外に簡単|生焼けや焦げる失敗を防ぐコツ

市販の冷凍パイシートを使ってバラのアップルパイを作りました。

難しそうに見えましたが、作ってみると意外に簡単です。

ただ、ちょっと食べにくいかも・・・きれいに食べるにはナイフが必要でした。

プレゼントには喜ばれそうですが、来客に出すお菓子には不向きかもしれませんね。

美しくするには「型」が必須

使ったのはクラシルのレシピです。

12個分

材料

  • りんご1個
  • グラニュー糖大さじ2
  • レモン1/4個
  • シナモンパウダー少々
  • 冷凍パイシート2枚

作り方

準備:オーブンは180℃に予熱しておきます。

  1. りんごを薄く皮つきのまま薄くスライスします。
  2. りんごをボールに入れ、グラニュー糖とレモン汁をふり、レンジで3分加熱します。
    その後、粗熱をとっておきます。
  3. 冷凍パイシートを伸ばし、6本に切ります。
  4. 3の1本にシナモンパウダーを全体にふりかけ、りんご、少し重なるようにしておき、端から巻いていきます。
  5. 180度オーブン30分、焼き色がつくまで焼いたら完成です。
    お好みで粉糖をふってください。

引用元:kurashiru

パイ生地は熱が入るとふくらむため、バラの形を美しく仕上げるには型が必要です。

クラシルのレシピではフッ素加工されたスチール製のマフィン型(12コ)を使用していますが、私は家にあったブリキ製(6コ)を使いました。

溶かしバターを塗ってから強力粉を薄くふるっておくと生地離れがよくなります。

きれいなバラにするコツ

きれいなバラ模様を出すために意識したことは2つです。

  1. リンゴに熱を入れ過ぎない

    リンゴに熱を入れ過ぎると巻くときに崩れるので、電子レンジ3分は厳守した方がよさそうです。

  2. リンゴ同士の重なりを多めにする
    パイ生地の上に並べるとき、リンゴの重なりを多めにすると花びらがきれいに出ます。

また、生地を巻くときは、利き手と反対の手を作業台に垂直に立てて「壁」にしました。

そこに沿って巻き進めると、バラの表面がデコボコするのを防止できます。

 

りんごと一緒にまるめたパイ生地を入れました。

180℃で30分焼いたのがこちら。

焼きたては柔らかく、崩れやすいため、竹串も使いながら優しくていねいに取り出します。

熱を冷ましてから粉糖をふるいました。

生焼けと焦げを防ぐには

バラのアップルパイで起こりがちな失敗は、「生焼け」と「焦げ」だと思います。

リンゴに砂糖がついているため、どうしても焦げやすくはなるのですね。

焦げ防止のため、焼いて10分経過したら表面にアルミホイルを軽くかぶせました

これなら焼成時間を延ばすこともできるうえ、生焼けの心配もなくなります。

 

しっかり焼いても生焼けのように感じるのは、生焼けと誤解しているだけかもしれません。

このアップルパイはリンゴと生地を一緒に巻いています。

外側の生地は熱に触れてサクサクしますが、巻き込んだ内側の生地はリンゴの水分が染み込み、どうしても少ししっとりした食感になります。

それを生焼けと感じたのかもしれませんね。

 

 

今はもっぱら市販のパイシートを利用しますが、過去に1度だけパイ生地を手作りした経験があります。

時間も手間もかけたのに、層はまだらでベタベタとした無残なパイ生地が完成しました。

かけた時間や労力、材料費から、私が作るパイ生地はコスパが悪いと判断。

早々に見切りをつけて現在に至ります(笑)

 

他のお菓子は失敗しても再チャレンジするのに、パイ生地だけは未だに情熱が湧きません。

それくらいダメージが大きかったのでしょうね。

潔くオーマイ様のお世話になろうと思います。

 

残りの冷凍パイシートはリースパイクッキーに使いました。