バラのアップルパイ|生焼けや焦げる失敗を防ぐ簡単なコツもご紹介

市販の冷凍パイシートを使い、憧れていたバラのアップルパイを作りました。

使ったのはクラシルのレシピです。

バラのアップルパイに失敗するパターンとして多いのが「生焼け」と「焦げ」。

私も注意したこの2点を防ぐコツもお伝えします。

バラのアップルパイのレシピ

材料と作り方

12個分

材料

  • りんご1個
  • グラニュー糖大さじ2
  • レモン1/4個
  • シナモンパウダー少々
  • 冷凍パイシート2枚

作り方

準備:オーブンは180℃に予熱しておきます。

  1. りんごを薄く皮つきのまま薄くスライスします。
  2. りんごをボールに入れ、グラニュー糖とレモン汁をふり、レンジで3分加熱します。
    その後、粗熱をとっておきます。
  3. 冷凍パイシートを伸ばし、6本に切ります。
  4. 3の1本にシナモンパウダーを全体にふりかけ、りんご、少し重なるようにしておき、端から巻いていきます。
  5. 180度オーブン30分、焼き色がつくまで焼いたら完成です。
    お好みで粉糖をふってください。

引用元:kurashiru

パイ生地は熱が入るとふくらみますので、美しい形に仕上げるには型が必要です。

クラシルのレシピでは、フッ素加工されたスチール製のマフィン型(12コ)を使用していました。

空焼きする必要がなく、型抜もよいそうです。

ちなみに私は、もともと持っていたこちらのブリキ製(6コ)を使いました。

焼成前

生地離れをよくするため、溶かしバターを塗ってから強力粉を薄くふるっておきました。

そこにりんごと一緒にまるめたパイ生地を入れます。

きれいな形(バラ模様)にするコツは2つあります。

  • リンゴに熱を入れ過ぎない
  • リンゴ同士の重なりを多めにする

リンゴに熱を入れ過ぎたら、巻くときに崩れてしまいました。

電子レンジ3分は厳守した方がよいです。

また、パイ生地の上に並べるときはリンゴの重なりを多めにすると、花びらがきれいになります。

生地を巻く際には、利き手と反対の手を作業台に垂直に立てて壁にしました。

そこに平行して巻き進めると、バラの表面が凹凸になりません。

焼成後

180℃で30分焼きました。

焼きたては柔らかく崩れやすいため、竹串も使いながら優しくていねいに取り出します。

熱を冷ましてから粉糖をふるいました。

リンゴに砂糖がついているため、そのまま焼くと焦げやすくなります。

そのため、焦げ防止として10分経過したら表面にアルミホイルを軽くかぶせました。

これなら焼成時間を延ばすこともでき、生焼けの心配もなくなります

それでも生焼けと感じる場合は、りんごの水分が関係しているかもしれません。

外側の生地は熱に触れてサクサクしますが、巻き込んだ内側の生地はリンゴの水分が染み込むため、しっとりします。

それを生焼けと誤解されている可能性もありますね

パイ生地のこぼれ話

普段は市販のパイシートを利用していますが、過去に1度だけパイ生地を手作りした経験があります。

高校生のとき、ミルフィーユを作ってみようと思いました。

レシピ本を見ながらバターを包んだ生地を広げて折り、冷やして再び広げて折り…

この作業を黙々と続けながらも、確実に「これは失敗する」と感じていました(笑)

予感は見事に的中します。

時間も手間もかけたのに、層はまだらでベタベタとした無残なパイ生地が完成しました。

用意していたカスタードクリームといちごで、何とかミルフィーユ(らしきもの)にしましたが、あれから作っていません。

時間、労力、コスト面からみても、パイ生地は失敗した時のショックが大きいですね。

再チャレンジはいつになるやら…です。

まとめ

今回はクラシルのレシピで作った、バラのアップルパイのレポートでした。

作ってみて初めてわかったことですが、意外と食べにくいです。

きれいに食べるにはナイフが必要でした。

プレゼントとしては喜ばれそうですが、来客に出すお菓子には不向きかもしれません。

 

余った冷凍パイシートは、リースパイクッキーに使えます。