バラのアップルパイ

冷凍パイシートを使い、おしゃれな薔薇のアップルパイを作りました。

過去に一度だけパイ生地を手作りしてみましたが、時間も手間もかかりとても大変でした。

今はもっぱら市販のパイシートに頼っています。

ご紹介するのはクラシルのレシピ。

また、薔薇のアップルパイに起こりがちな”生焼け”や”焦げる”などの失敗を防ぐコツもお伝えします。

材料と作り方

レシピはクラシルからの引用です。

冷凍パイシートは”オーマイ”を使いました。

バラのアップルパイ(12個分)

  • りんご1個
  • グラニュー糖大さじ2
  • レモン1/4個
  • シナモンパウダー少々
  • 冷凍パイシート2枚

作り方

準備:オーブンは180℃に予熱しておきます。

  1. りんごを薄く皮つきのまま薄くスライスします。
  2. りんごをボールに入れ、グラニュー糖とレモン汁をふり、レンジで3分加熱します。
    その後、粗熱をとっておきます。
  3. 冷凍パイシートを伸ばし、6本に切ります。
  4. 3の1本にシナモンパウダーを全体にふりかけ、りんご、少し重なるようにしておき、端から巻いていきます。
  5. 180度オーブン30分、焼き色がつくまで焼いたら完成です。
    お好みで粉糖をふってください。

引用元:kurashiru

作り方を動画で確認したい方は、こちらをご覧くださいね。

焼成前

パイ生地は熱が入るとふくらみますので、美しいかたちに仕上げるには、このようなマフィン型が必要です。

マフィン型はシリコン製とブリキ製があります。

私が使用したのはこちらのブリキ製です。

生地離れがよくなるように、溶かしバターを型に塗ってから強力粉を薄くふるっています。

こうした下処理をほどこすと、薔薇の形を崩すことなく型外しできますよ。

焼きたては柔らかいため、崩れないように竹串も使いながら、優しくていねいに扱ってくださいね。

焼成後

180℃で30分焼成した状態です。

薔薇のアップルパイでよくみられる失敗は、表面が焦げる問題だと思います。

リンゴに砂糖がついていますので、普通に焼くとどうしても焦げてしまうんですね。

焦げないためのコツとしてはアルミホイルをかぶせることです。

今回も焼成時間が10分経過したところで、表面にアルミホイルを軽くかぶせました。

そうすれば写真のようにきれいに仕上がります。

この方法なら焼成時間を伸ばすこともできるため、生焼けの失敗もなくなりますね。

生焼けの失敗については、生焼けだと”思い込んでいる”ケースもあります。

外側の生地は、直に熱に触れることで乾燥するためサクサクします。

けれど内側に巻き込んだ生地はリンゴの水分が染み込むため、ややしっとりしています。

それを生焼けと誤解されているかもしれません。

アルミホイルをかぶせて焼成時間を長くししても、生焼けと感じられる場合は、りんごの水分による影響の可能性が高いと思います。

外側のパイ生地が柔らかいなら焼成不足です。

仕上げ

しばらく置いて熱を冷ましてから粉糖をふるいました。

焼きたては柔らかいため扱いに少々苦心しますが、冷めるとしっかり固定しますので安心してください。

まとめ

今回は、市販の冷凍パイシートを使った薔薇のアップルパイをご紹介しました。

きれいな形(バラ模様)にするコツは2点あります。

  • リンゴに熱を入れ過ぎない
  • リンゴ同士の重なりを多めにする

リンゴに熱を入れ過ぎると巻くときに崩れてしまいます。

レシピ通りレンジで3分は厳守してくださいね。

リンゴとパイ生地を巻くときは、生地を巻く利き手と反対の手を作業台に垂直に立てます。

こうすることで、バラの表面が凹凸にならないよう壁の役割になるんですね。

美味しく作れますように。

すてきな薔薇のアップルパイ、おすすめです。

注意点

薔薇のアップルパイは、食べ方が難しいです。
きれいに頂くにはナイフを使う必要があると思います。
プレゼントならOKですが、来客向きではないかもしれません。

余った冷凍パイシートとチョコレートでおしゃれなリースパイクッキーを作りました。