ホワイトデーのお返しに合うお菓子|ピンクのバーチディダーマ

ピンクのバーチディダーマを作りました。

お菓子の着色が好きで、いろいろ試しては楽しんでいます。

生地をピンクに着色するときにお手軽なのは食紅ですが、私はほとんど使いません。

食紅は発色が強く、イメージするピンク色と少し違うかな・・・と思うことが理由です。

今回も食紅以外の材料でピンク色にしました。

やっぱり紅麹

30個分

材料

  • 無塩バター 50g
  • 粉糖 40g
  • 薄力粉 70g
  • アーモンドプードル(AP) 40g
  • 紅麹 5g
  • ホワイトチョコ 40g

    着色につかったのは、このブログでもたびたび登場する紅麹です(^^)

    紅麹についてはこちらで詳しく説明しています。

    紅麹を使う目的は2つあり、一つは桜餅の着色に使っても大量に余るため消費させたいこと。

    (製菓材料店で購入する紅麹は量が多いのですが、皆さんはどうされているのかな・・・?)

    もう一つは、食紅より上品なピンクになること。

    紅麹は食紅よりも黄味がかった品のよいピンク色になります(^^)

    焼き色をつけない

    クリーム状にしたバターに粉糖を入れて、白っぽくなるまで混ぜ合わせます。

    薄力粉、AP、紅麹をあわせてふるい入れ、粉気がなくなるまでゴムベラでさっくり混ぜます。

    ラップに包み冷蔵庫で1H冷やしたら、30分割して丸めて天板に並べます。

     

    レシピどおりに作ると生地の量はジャスト200gとなり、分割量はおおよそ6~7gです。

    焼き色がつかないように、160℃に温めたオーブンで15分焼きました。

    160℃なら焼き上がってもきれいなピンク色です。

    粗熱をとったら、湯煎したホワイトチョコを裏に塗り、冷蔵庫に入れてチョコの表面を少し固めます。

    チョコ同士をドッキングさせて完成。

     

    チョコを塗ってから冷やすのは、バーチディダーマに「くびれ」を作るためです。

    そのままドッキングするとチョコが広がってしまい、クッキーからはみ出てしまうことがあります。

     

    ピンク×白のかわいい配色だから、ホワイトデーのお返しに合いそうですね。

    私に息子がいたら、このお菓子を作ってあげたい。

    (バレンタインチョコレートがもらえる息子という、勝手な設定)

     

     

    余談ですが、これまでに試してみた着色一覧です。

     

    • ピンク…紅麹
    • 緑…抹茶、よもぎ、桜の葉の塩漬け
    • 紫…紫芋、ブルーベリー
    • 茶色…ココア、キャラメル、シナモン
    • 黒…ブラックココア

     

    この中で「これは微妙…」と思ったのは、紫いもパウダーの着色でした。

    クッキー生地に加えてみたら

     

    真紫(@_@;)ギョッ!

     

    あまり美味しそうではなかったです。

     

    一般に、暖色(赤、橙、黄色etc)は食欲をそそり、寒色(青、紫、黒etc)は食欲を減退させるといわれますが、インパクトが強すぎるのかもしれませんね。

    そのため、アイスボックスクッキーやマーブルパンなど、紫はプレーンと掛けあわせて使います。

    差し色なら問題ないですよ(^^)v