バーチ・ディ・ダーマ(ホワイトチョコ)食紅以外でピンク色にする方法

以前に使用したレシピを少しアレンジして、ピンクのバーチディダーマ(ホワイトチョコ)を作りました。

お菓子の着色はわりと好きで、いろいろと試しています。

ピンク色にする場合、お手軽なのは食紅を使うことですが、私は食紅を使ったことがありません。

発色が強いため、イメージするピンク色と少し違うかな…と思うことが理由です。

今回は別の材料を使って、やさしいピンク色にしました。

バーチディダーマ(ホワイトチョコ)のレシピ

材料と作り方

30個分

材料

  • 無塩バター 50g
  • 粉糖 40g
  • 薄力粉 70g
  • アーモンドプードル(AP) 40g
  • 紅麹 5g
  • ホワイトチョコ 40g

作り方

  1. クリーム状にした無塩バターに粉糖を入れて白っぽくなるまで混ぜ合わせる
  2. 薄力粉、AP、紅麹をあわせてふるい入れ、粉気がなくなるまでゴムベラでさっくり混ぜる
  3. ラップに包み冷蔵庫で1H冷やす
  4. 30分割して(およそ6~7g)丸め、天板に並べる
  5. 160℃に予熱したオーブンで15分焼く
  6. 粗熱をとり、湯煎したホワイトチョコを裏に塗る
  7. 冷蔵庫に入れてチョコの表面を少し固め、チョコ同士を合わせて完成

着色につかったのは紅麹です。

紅麹についての説明は、こちらで詳しくご紹介しています。

紅麹を好んで使う理由は2点あります。

  • 桜餅で余った紅麹を消費する
  • 食紅より上品なピンクになる

毎年、桜餅を作りますが、製菓材料店で購入する紅麹は量が多くて使い切れません。

紅麹を消費するために考えたひとつが、クッキー生地の着色でした。

紅麹は食紅よりも黄味がかった品のよいピンク色になります

焼成前

レシピどおりに作ると生地の量はジャスト200gとなり、分割量は6~7gです。

紅麹を5g使用すると、かなり鮮やかなピンクになります。

焼き色がつかないように、160℃のオーブンで15分焼きました。

焼成後

焼き上がってもきれいなピンク色のままです。

抹茶のときにも説明したとおり、チョコを塗ってから冷やすのは「くびれ」を出すためです。

そのままドッキングするとチョコが広がってしまい、クッキーからはみ出てしまうことがあります。

着色のこぼればなし

冒頭でお菓子の着色が好きだと書きました。

これまでに試してみた一覧です。

  • ピンク…紅麹
  • 緑…抹茶、よもぎ、桜の葉の塩漬け
  • 紫…紫芋、ブルーベリー
  • 茶色…ココア、キャラメル、シナモン
  • 黒…ブラックココア

この中で「これは微妙だわ…」と思ったのが紫です。

今のように製菓材料として流通していないころ、知人から紫芋パウダーをいただきました。

とりあえずクッキー生地に加えてみたら…真紫(@_@;)ギョッ!

残念ながら、私の目には美味しそうに映りませんでした。

一般に赤や橙、黄色などの暖色は食欲をそそり、青や紫、黒などの寒色は食欲を減退させるといわれます。

単色でのインパクトが強すぎるのかもしれません。

アイスボックスクッキーやマーブルパンなど、紫はプレーンとの掛けあわせで使います。

差し色にしたらOKでした。

一方「オレオ」で見慣れているせいか、黒は紫ほど違和感がありませんでした。

黒は白と対比させるとおしゃれに見えます。

ブラックココアで黒いシフォンケーキを焼いたときは、生クリームとミントを添えました。

「オレオ」も白いバタークリームを挟んでいますが、白は黒のインパクトを緩和してくれます。

まとめ

今回は、紅麹でピンク色に着色したバーチディーダーマ(ホワイトチョコ)のレシピをまとめました。

バーチディーダーマもマカロンのように、色のアレンジで印象が変わるお菓子です。

緑×茶、ピンク×白…次は何色の組み合わせにしようかな。

 

ピンク色のアイスボックスクッキーも焼きました。