アイスボックスクッキーの色付けをカラフルに!ピンクと緑が奇麗

ピンクと緑に色付けした生地を組み合わせ、カラフルなアイスボックスクッキーを作りました。

着色につかったのは桜の葉の塩漬けで作った桜葉パウダーと紅麹です。

桜の花をイメージしました(^^)

紅麹については、こちらで詳しく説明しています。

アイスボックスクッキーピンク×緑の作り方

約50個分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 粉糖 60g
  • 牛乳 10g
  • 薄力粉 200g
  • 紅麹 3g
  • 桜の葉パウダー 5g

薄力粉は100gずつに分けて、それぞれ紅麹と桜の葉パウダーを合わせてふるっておきます。

やわらかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせ、牛乳を加えてさらに混ぜます。

バターを2等分したら、それぞれに紅麹の薄力粉と桜の葉の薄力粉を加えて混ぜ、ラップに包みます。

このまま冷蔵庫で2時間以上休ませます。

桜の葉で着色した緑は残った葉が模様になるので、無地のピンクとバランスがよいです。

また、配色の理論でいうと、ピンクと緑は反対色に位置します。

だから、もともと相性がよい組み合わせなんですね。

成形は定番の3種

成形は配色型アイスボックスクッキーの定番、市松模様、渦巻き、マーブルの3つにしました。

卵が入っていないため、生地のまとまりが少し悪いです。

160℃に予熱したオーブンを140℃に下げ、18分焼きます。

焼き色をつけないコツとして、途中でアルミホイルをかぶせる方法もありますが、庫内の温度が下がるので低い温度で焼くのがおすすめです。

 

桜の葉の香りがほんのり漂うクッキー。

先日、遠くで暮らす姉夫婦に送る荷物の中に、このクッキーをしのばせました。

一足早いさくらめ~るです(^^)