アイスボックスクッキーの色付け(二色)カラフルなピンクと緑

ピンクと緑に色付けした生地を組み合わせ、カラフルなアイスボックスクッキーを作りました。

卵なしです

着色には桜の葉の塩漬けで作ったパウダーと紅麹を使いました。

作り方|アイスボックスクッキーピンク×緑

約50個分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 粉糖 60g
  • 牛乳 10g
  • 薄力粉 200g
  • 紅麹 3g
  • 桜葉パウダー 5g

桜葉パウダーの作り方はこちら

薄力粉は100gずつに分けて、それぞれ紅麹と桜の葉パウダーを合わせてふるっておきます。

やわらかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせ、牛乳を加えてさらに混ぜます。

バターを2等分したら、それぞれに紅麹の薄力粉と桜の葉の薄力粉を加えて混ぜ、ラップに包みます。

このまま冷蔵庫で2時間以上休ませます。

桜の葉で着色した緑は粗く砕いた葉が模様になるので、無地のピンクとのバランスがよいです。

配色理論でみた場合、ピンクと緑は反対色の位置。

だから、この二色はもともと相性のよい組み合わせなんですね。

成形は定番の3種

成形は配色型アイスボックスクッキーの定番、市松模様、渦巻き、マーブルの3つにしました。

卵が入っていないため、一般のクッキー生地に比べてまとまらないと感じるかもしれません。

160℃に予熱したオーブンを140℃に下げ、18分焼きます。

焼き色をつけないコツとして、途中でアルミホイルをかぶせる方法もありますが、庫内の温度が下がるので低い温度で焼くのがおすすめです。