桜のアイスボックスクッキー|ピンクとグリーンの配色が春らしいお菓子

桜の葉の塩漬けで作った ”桜葉パウダー” を使い、桜のアイスボックスクッキーを焼きました。

配色はピンク×黄緑です。

桜の花と桜の葉をイメージしました

過去のブログでも何度か紹介しましたが、ピンクの着色に使うのは食紅ではなく紅麹です。

桜のアイスボックスクッキーのレシピ

材料と作り方

約50個分

材料

  • 無塩バター 120g
  • 粉糖 60g
  • 牛乳 10g
  • 薄力粉 200g
  • 紅麹 3g
  • 桜の葉パウダー 5g

作り方

準備
【ピンク生地】薄力粉100gと紅麹を合わせてふるう
【黄緑生地】薄力粉100gと桜の葉パウダーを合わせてふるう

  1. やわらかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせる
  2. 牛乳を加えてさらに混ぜる
  3. 2を二等分しピンク用の粉と黄緑用の粉をそれぞれに加えて混ぜる
  4. 平らにまとめてラップに包み冷蔵庫で2H以上休ませる
  5. 市松模様や渦巻きなど好みの形に成形する
  6. 160℃に予熱したオーブンを140℃に下げ、18~20分焼く

バターと粉糖、牛乳を合わせると186gです。

2種類の生地を均等に作るため、私は毎回同じ量に分けています。

ふるい残った桜の葉パウダーの粗い部分は、最後に粉と合わせます。

2種類の生地をラップに包んだところです。

ピンクに着色する方法としては、他にも”いちごパウダー”や”フランボワーズパウダー”があります。

マカロンの着色に使われていますね。

これらはフレッシュな果物をフリーズドライにしてパウダー化している関係で、香りがついています。

それが桜葉パウダーの味と合わないため、無味無臭の紅麹の方が適していました。

焼成前

成型は市松模様、渦巻き、マーブルの3種類。

卵が入っていないため、生地のまとまりが少々悪いです。

焼成後

160℃で予熱したオーブンを140℃に下げて、18分焼きました。

温度を下げたのは、クッキーの色を鮮やかに残したいからです。

焼き色をつけないコツとしては、ほかに途中でアルミホイルをかぶせる方法があります。

この方法は庫内の温度が下がるのが難点ですね。

まとめ

今回は桜アイスボックスクッキーのレシピをまとめました。

桜の葉の香りがほんのりと漂うクッキーです。

先日、遠くで暮らす姉夫婦に送る荷物の中に、このクッキーをしのばせました。

一足早いさくらめ~るです。