桜の葉(塩漬け)の使い道はお菓子|乾燥させてクッキーに活用

桜餅づくりで余った桜の葉の塩漬けをアレンジして、桜葉のクッキー(卵不使用)を作りました。

残った桜の葉の利用法に悩んだときは、とりあえず乾燥させてパウダーにするのがおすすめです。

方法はとても簡単です

保存が効くうえ、クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子やパンに使うことができます。

今回は桜葉パウダーをシンプルな型抜きクッキーに利用しました。

桜の葉をパウダーにする方法

桜の葉の塩漬けはそのまま使うと苦いため、水に浸して塩抜きします。

キッチンペーパーで水分をしっかり取って、電子レンジで乾燥させます。

500wでだいたい2分半です。

電子レンジの性能や桜の葉についた水分量で差がでると思いますので、握ったときに崩れるかどうかを乾燥の見極めポイントにしてください。

乾燥した桜葉をミルで粉砕します。

桜葉30枚で約9gのパウダーになりました。

手作りのパウダーは葉の模様が残るため、素朴な風合いを感じられる点が気に入っています。

逆にぶつぶつとした模様をつけたくないなら、完全な粉になっている市販の桜葉パウダーが便利です。

【国産】桜の葉パウダー

作り方|桜葉のクッキー

このクッキーは卵を使わないため牛乳を代用します。

桜の抜き型 約50個分

材料

  • 無塩バター 100g
  • 粉糖 50g
  • 牛乳 12g
  • 薄力粉 170g
  • 桜の葉パウダー 3g
  • 桜の花の塩漬け(蕾) 適量
  • グラニュー糖 適量
  • 強力粉(打ち粉) 適量

使った抜き型は昭和の香りがするこちら。

やわらかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせ、牛乳を加えてさらに混ぜ合わせます。

ふるった薄力粉、桜の葉パウダーを加えて混ぜ、まとめたらラップに包んで冷蔵庫で2H以上休ませます。

 

 

打ち粉をした台の上で5mm厚に伸ばし、型抜きをしたらグラニュー糖をかるくふりかけます。

中央にくぼみを入れて桜の花をのせて軽く押さえます。

桜の花には水分が含まれているので、小さめ(できれば蕾)の方が、焼き上がりへの影響が少ないです。

焼き色をつけないコツ

クッキーを淡い色で着色したときは、焼き色をつけないように低温で焼きます。

160℃で予熱したオーブンで13分焼き、140℃に下げて2分乾燥焼きしました。

抹茶の着色とは違い、淡い黄緑色に仕上がります。

桜の花についた塩分と、グラニュー糖の甘みが互いの味を引立てるおいしいクッキーです。

パウダーにした桜葉の香りもしっかり感じられました。

乾燥させた桜葉を活用したクッキーの別バージョンはこちらです。