余った桜の葉の塩漬けをお菓子に活用|パウダーにしてクッキーに

桜餅づくりで余った桜の葉の塩漬けをパウダーにして、クッキーに活用しました。

製菓材料店で買う桜の葉の塩漬けは50枚セット。

毎年、残った桜葉の使い道に頭を悩ませていました。

桜餅を大量に作るなら一気に消費できますが、一人暮らしの私は10個程度しか作りません。

これまでは桜餅を繰り返し作っていましたが、今回は別のお菓子に活用してみました。

桜葉をパウダーにする

パウダーにする方法はとても簡単です。

桜葉を水に浸して塩抜きした後、キッチンペーパーで水気を取り電子レンジで乾燥させるだけ。

電子レンジの性能や桜葉についた水分量で差がでると思いますが、今回は500wで2分半でOKでした。

 

握ったときに崩れる

 

ここが乾燥を見極めるポイントです。

乾燥できたらミルで粉砕。

桜葉のサイズによって多少前後しますが、桜葉30枚で約9gのパウダーが作れました。

市販されている桜葉パウダーは完全な粉ですが、葉のツブツブが残っていると自然な趣があって好きです。

桜の花の塩漬けを添えて

桜の抜き型 約50個分

材料

  • 無塩バター 100g
  • 粉糖 50g
  • 牛乳 12g
  • 薄力粉 170g
  • 桜の葉パウダー 3g
  • 桜の花の塩漬け(蕾) 適量
  • グラニュー糖 適量
  • 強力粉(打ち粉) 適量

やわらかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせ、牛乳を加えてさらに混ぜ合わせます。

振るった薄力粉と桜の葉パウダーを加えて混ぜ、まとめてラップに包み冷蔵庫で2H以上休ませます。

打ち粉をした台の上で5mm厚に伸ばし、型抜きをしたらグラニュー糖をかるくふりかけます。

中央にくぼみを入れて桜の花をのせて軽く押さえ、160℃で13分 → 140℃に下げて2分焼きます。

 

 

桜の花には水分が含まれているため、小さめ(できれば蕾)の方が、焼き上がりへの影響が少ないです。

昭和っぽい桜の抜き型

今回は桜にちなんで桜の抜き型を使いましたが、桜の抜き型って何となく昭和の香りがしますね。

昔は今ほどクッキーの型のバリエーションが豊富ではなかったので。

この型は私がお菓子作りを始めた小学生のときに買ってもらった想い出の品です。

最近はほとんど使っていませんでした。

 

お菓子道具はまんべんなく使いたいと考えていますが、気がつくと偏っています。

埋もれている道具もときどき掘り起こしてあげよう。

道具たちも役割を果たしたいでしょうからね(^^)

淡い黄緑色

焼き色をつけないように、160℃で予熱したオーブンで13分焼き、140℃に下げて2分乾燥焼きしました。

抹茶の着色とは異なる、淡い黄緑色に仕上がります。

桜の花についた塩分の辛みと、グラニュー糖の甘みがお互いの味を引立てて美味しい。

桜の葉の香りもしっかり味わえます。

 

桜葉は乾燥させてパウダーにすれば、パンやお菓子に幅広く使えて長期保存も可能です。

市販の桜葉パウダーに比べると少々荒削りですが、その分、素朴な彩りを添えてくれました。

こちらも桜葉パウダーを使用したクッキーです。