ちぎりパンのアレンジ|紙の型で簡単にかわいい花が作れるレシピ

パンの成型で簡単なのは、丸めて並べるだけのちぎりパンです。

ちぎりパンのアレンジとして、今日は紙の型を使ったかわいい花のパンを作りました。

使ったのはこちらの型。

この紙型はケーキにもパンにも使える優れものです。

ちぎりパンは食べやすく、見た目もかわいいところが人気。

直径15cmなので、一人暮らしの私にはちょうどよいサイズです。

プレゼントにも喜ばれそうなデザインですね。

アーモンドチョコ味に

ファンシーデコレ花型 1台分

材料

  • 強力粉 150g
  • アーモンドプードル 20g
  • ドライイースト 2g
  • 塩 2g
  • 砂糖 15g
  • スキムミルク 15g
  • バター(無塩) 15g
  • 全卵 20g
  • 水 80g
  • チョコチップ 30g

飾り

  • アーモンドダイス 適量
  • 粉糖 適量

このパンはアーモンド×チョコにしたため、生地にもアーモンドプードルを少量加えました。

入れなくても問題ないです。

並べるときは外側に

一次発酵は30℃で60分とりました。

6等分(だいたい50g前後)に分割したら、ベンチタイム20分。

生地を軽くパンチした後、めんぼうでのばしてチョコチップ(5g)を詰めてまるめます。

ちぎりパンのような寄せスタイルは、形を均等にした方がきれいなので、フィリングも細かく計量します。

 

紙型に並べました。

並べるときは外に向けて置くと、生地がふくらんだ時に型のカーブに沿ってくれます。

並べたあとは生地を軽く押さえて、型になじませました。

 

 

二次発酵は35℃で30分。

型の上部より少し控えた程度のふくらみが、二次発酵完了の見極めポイントです。

ドレーで焼き色を美しく

ドレーしてアーモンドダイスをふりかけました。

焼くと生地が外に広がりますので、アーモンドは内側寄りに置くときれいに仕上がります。

パンは自然な焼き色が好きなので、普段あまりドレーしない方ですが、このパンは美しい焼き色も魅力のひとつ。

また、アーモンドダイスを密着させるためにもドレーします。

 

予熱した210℃のオーブンで12分焼成しました。

粗熱を取ってから、粉糖をふるってお化粧すれば完成です。

 

食べるときは、型ごとナイフでカットしています。

すべて紙からはがすより、カットした方が食べやすいと思いました。

美味しくて、一気に食べてしまいました。

チョコとアーモンドの組み合わせは最強ですね。

 

こちらも同じくちぎりパンのアレンジ。

IFトレーを使って懐かしい給食の黒パンを再現しました。